株式会社スターダム

今を信じて、明日に輝け!We are STARDOM!

TEL.03-5858-8384

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-33-4-603

2018年3月6日 3・31大阪対戦カード発表記者会見

2018年3月6日 3・31大阪対戦カード発表記者会見

STARDOM DREAM SLAM in OSAKA

3月31日(土)エディオンアリーナ大阪 第二競技場 12:00PM

<決定カード>

◆ゴッデス・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<王者チーム>     <挑戦者チーム>

花月       vs   マリー・アパッチェ

木村花          ファビー・アパッチェ

※大江戸隊、7度目の防衛戦

◆ワンダー・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<王者>紫雷イオ   vs   <挑戦者>ビー・プレストリ―

※紫雷イオ、7度目の防衛戦

◆タッグマッチ 30分1本勝負

岩谷麻優     vs   トニー・ストーム

中野たむ          ザイヤ・ブルックサイド

◆クイーンズ・クエストvsチーム・ジャングルってる イリミネーションマッチ 20分間

バイパー       米山香織

HZK     vs   ジャングル叫女

渡辺桃        刀羅ナツコ

AZM         小波

◆ビジュアル系3WAYバトル 15分1本勝負

鹿島沙希  vs  渋沢四季  vs  夏すみれ

◆フューチャー・オブ・スターダム6ガール 15分1本勝負

スターライト・キッド       ルアカ

羽南           vs   山口菜緒

ナツミ               小野崎玲皇

STARDOM DREAM SLAM in OSAKA

3月31日(土)エディオンアリーナ大阪 第二競技場 12:00PM

◆フューチャー・オブ・スターダム6ガール 15分1本勝負

スターライト・キッド       ルアカ

羽南           vs   山口菜緒

ナツミ               小野崎玲皇

◆ビジュアル系3WAYバトル 15分1本勝負

鹿島沙希  vs  渋沢四季  vs  夏すみれ

四季「大阪大会3WAYバトル 沙希さんは復帰されて私は初めて対戦させていただいて夏さんはなんか雑巾で顔拭かれたりとかしてちょっとなんか嫌なんで 私3WAYの大阪大会では私がこの二人に全てで勝利したいと思います。」
鹿島「この3人に共通することはなんだと思いますか?化粧が濃い その共通点くらいしか見つからないですね
完全に初めての顔合わせで自分もどうなるかわからないんで試合をしてお楽しみということで」
夏「なんか随分舐められてるなと思います。一応私プロとしてリングにあがっておりますのでプロレスでプロとしてご飯をたべて生活している中でなぜプロレスのリングでこの素人2人を相手にしないといけないのか私はわからないです。そんなためにスターダムにあがったわけでもないしフリーでやってるわけでもないのになーって思って、化粧が濃いとかなんとかいってますけどそもそもねこの子達ね新人のくせに化粧が濃いことがおかしいんですよ。新人さんでしょあなたがたそれを指導する先輩もいないなんてねーちょっとスターダムさんがどうかしてると思う。私が素人二人の舐め腐った根性を全部徹底的にたたきなおしてなんならこのふたりの化粧すっぴん完全にさらけ出してやりますよ、お客さんから引かれたらいいんじゃない?」
–すっぴんに自信がある方はいらっしゃいますか?
夏「なにがききたいの?ねぇ すっぴんがだめだっていいたいの?どういうこと?どういう意図で聞いてんの?ねぇ?すっぴんに自信ありますけど!!!一緒にしないでもらえますか」
四季「いや化粧の濃さでは1番薄いと思うんですよ3人の中ではきっと 一番薄いんです」
夏「宇宙人みたいな目してるよ」
四季「宇宙人じゃなくてー絶対私3人の中では化粧が薄いのですっぴんに近い顔でいるんで。はい、負けませんすっぴんでも」
鹿島「何を争ってるのかわからなくなってきちゃってるんですけど、すっぴんでも別に練習中はすっぴんだしうちら全然そこは関係ないっすプロとして普通に人前に出るっていうのでマナーとして化粧してるだけです」
夏「プロとしての化粧そもそもあんたたちの化粧はドンキの化粧だからそれ ドンキ行く時の化粧だからそこ勘違いしないで」

 

◆クイーンズ・クエストvsチーム・ジャングルってる イリミネーションマッチ 20分間

バイパー       米山香織

HZK     vs   ジャングル叫女

渡辺桃        刀羅ナツコ

AZM         小波

◆タッグマッチ 30分1本勝負

岩谷麻優     vs   トニー・ストーム

中野たむ          ザイヤ・ブルックサイド

中野「ザイヤは前回の新木場でスターダムのメンバーになることが発表されて新しくスターダムのメンバーになりましたね。トニーとはファイブスターグランプリで一度戦ったことがあります。すごく華やかでストロングなチームだと思いますけど私はまゆさんとふたりで戦えることを本当に今はすごくプロレス楽しんでる色んなこと教えていただいてそれを全部ぶつけてまゆさんと二人で勝ちたいとおもってます。」
岩谷「大阪大会トニーとの前哨戦に赤いベルトの前哨戦になるんですけど前哨戦からね自分がきっちり本当に赤いベルト取り返すという覚悟をぶつけて行きたいなと思います。
今回タッグを組むたむちゃんなんですけど自分がね育てようと思ってたんですけどこんな元気がなくて今まゆさんとプロレスタッグ組んでプロレスが楽しいですっていう全然そーゆー風には思えなくてちょっとなんかうーんっていう感じですね 裏切るとかそんなタッグを組みたくないとかそーゆーわけじゃないですけどっていう感じです。とりあえず自分は赤いベルト取り返すためにトニーだけにしょうじんを絞っていきた、、、照準をしばって行きたいと思います」
トニー「麻優、この試合では、私は面白いビジネスをしていないことを知りたがっています。 汚い戦術はありません、地獄、私はあなたが勝つことさえするかもしれません。 私はタイトルマッチであなたを強く健康にして欲しいです。 それで私はすべてのチャンピオンにふさわしいことを証明することができます」

ザイヤ「 トニーは確かにチャンピオンに値する。私はあなたが麻優の負傷した試合の会場にいました。それは私の人生の中で最も恐ろしい経験でした。それは私たちの誰にも起こり得るからです。今は大丈夫ですか? 大丈夫ですか? しかし、あなたが戻ってきた、あなたはリハビリ、私はあなたに敬意を払う。しかし次のことは、あなたがトニーに直面することです。そうです、それは次に起こることです。彼女はすでに他の3つのベルトで自分自身を証明しています。だから私は彼女が再びそれをやると確信しています。そして、私とタム…あなたは大江戸隊を去りました。そして今、それはあなたの麻優と他の人と一緒に自分を証明するあなたのチャンスです。だからここでやってみましょう」

 

◆ワンダー・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<王者>紫雷イオ   vs   <挑戦者>ビー・プレストリ―

※紫雷イオ、7度目の防衛戦

ビー「オレンジ、臭い。 私はイオさんがオレンジのような感じです。 肌荒れしていて、柔らかく甘い。 しかし、あなたは、オレンジを長く保つほど、柔らかくなるのを見ます。 それは酸っぱくなる。 そしてスカッシュするのがより簡単になります。 あなたはしばらくチャンピオンになっています。 私はあなたがゆっくりとスカッシュしやすく、ゆっくりと柔らかくなっていくと感じています。 そして、今度は、ビー・プレストリーが新しいホワイトベルトチャンピオンになるでしょう」
イオ「私がジャパニーズオレンジみたいだと言われました。その真意は正直半分くらいしかわかんなかったんですけどそれはさておきビープレストリーはこのワンダーオブスターダムタイトルマッチをやるにあたってとてもいい相手だなとおもっております。ずっとシングルマッチはしてなかったのでベルトをかけてなので熱い試合に白熱した試合になるなと予感はしてます。百戦錬磨の私なので必ずビーを仕留めてわたしのオレンジテイストを味わってもらいます」
小川 「この大会から白いベルトが新しいべるとになりますので白いベルトと赤いベルトはリニューアルして今大会からなりますので」
–イオ選手はビー選手をどんな選手だと思ってますか
イオ「かなり柔軟性のある選手だなと思ってます肉体的な柔軟性もあるんですけどもそもそも身長が高くて手足がとても長いスタイルがいいのでリーチの面とか関節技とかに入られた時とかねそーゆー技の繰り出し方が持ってるものもいい上にその頭とか体の使い方とかの柔軟性もあるので要注意したいですし、彼女のティーチャーがウィルオスプレイなんですよねそのあたりも私はウィルオスプレイ選手のことをすごく尊敬してますのでその弟子であるということはかなりのものを持っていると思うので油断せずに気をひきしめて試合に望みます」
–みかんに例えられましたがビー選手をたべものに例えるとなんだとおもいますか?
イオ「ビー選手を食べ物にですか、、、そんな質問来ると思わなかったんですけど
ほうれんそうですかね。長いじゃないですか。おひたしにもできますしサラダにも入れれる。ほうれんそうでお願いします」

 

◆ゴッデス・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<王者チーム>     <挑戦者チーム>

花月       vs   マリー・アパッチェ

木村花          ファビー・アパッチェ

※大江戸隊、7度目の防衛戦

花月「大阪大会のメインなんですけども花月様の地元凱旋 大阪大会はね月に1回定期的にスターダムでは開催してるんですけども今回はエディオンアリーナということで結構大きな大会になっております。スターダム入団してビッグマッちは初めてなので花月様もかなり気合が入っているので今回ね試合ゴッデスを希望しました会社に シングルね行こうかと思ったんですけど先に寝赤、岩谷にアピールされちゃったんでタッグにしとこうかなと思って強い相手を希望したところあの伝説のアパッチェ一族。マリーアパッチェ、ファビーアパッチェ姉妹がやばいね この二人と試合できるってことがどれだけすごいことかスターダムのファンの人はわかってないかもしれないけど1回ぐぐってみよ。それでゴッデスをかけてこっちがチャンピオンとして対戦相手を迎えるということは本当に伝説に残る一線になると思うのでねここはいっちょやっちゃいましょか。あとね宣伝させてね花月シート今回作りましてね詳細はなんかわかんかいけど何個かいい特典がつくみたいだね」
花「ちょうど強い相手と防衛戦やりたいと花月さんと話してたのでこんなこのタイミングでこの相手を用意してくれた小川さんには感謝ですあざーす楽しみで仕方ないです 恐怖はないですし私は元々メキシコに憧れがあったのでこの試合でメキシコのすごい有名なレスラーとベルトをかけて試合ができるっていうことにすごい感謝してますし楽しみでしかない。いままでの挑戦者が弱すぎた雑魚すぎたちなみに前回の防衛戦は私たちの連携1回も出さずに勝ちましたからね。逆にゴッデスやる意味あったのかなみたいな。今回は連携もバンバン出す相手だと思うのでマリーさんのセントーンで肋骨がやばかったっていう話もちらほらきいてるんでマリーさんのセントーンとジャベには気をつけてがんばりたいとおもいますまぁいつも通り大江戸隊らしくてきとーにやってれば勝てると思うんでね」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »