株式会社スターダム

今を信じて、明日に輝け!We are STARDOM!

TEL.03-5858-8384

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-33-4-603

2018年6月11日 Fortune Dream5に紫雷イオが出場

2018年6月11日 Fortune Dream5に紫雷イオが出場

2018年6月11日 Fortune Dream5 後楽園ホール

◆Supreme Dream~3WAYマッチ 15分1本勝負

紫雷イオ

15分00秒

時間切れ引き分け

里村明衣子、松本浩代

◆Supreme Dream~3WAYマッチ 15分1本勝負

紫雷イオ

15分00秒

時間切れ引き分け

里村明衣子、松本浩代

イオはスターダム所属としての試合がこの試合を入れて3試合となる。対戦相手は6・16のセンダイガールズ、新潟大会でも対戦が決まっている里村明衣子、数々の対戦をしてきた松本浩代との3WAYマッチ。そして特別レフェリーとして姉のMIOが裁く。三人が握手をして試合がスタート。イオと松本が力比べ、そこに里村も加わるかと思われたが松本、イオに蹴り。イオがドロップキックを里村に放つと場外へ落ち、飛び技を狙おうとするも松本がイオを担ぎ上げ場外の里村に投げつける。松本がイオをリングに上げキャメルクラッチ。そこに里村が松本の背中に蹴りカット。里村が松本にエルボースマッシュからイオにエルボー、キチンシンクを連発。松本がロープに走るとイオはフランケンシュタイナー。里村の蹴りをブリッジでかわすとエルボー。里村と松本の連携をかわしたいイオはダブルドロップキックで場外に落とすとトペ。イオは里村をリングに戻しコーナーからからのミサイルキックからクロスフェイス。里村はイオにミドルキックからバズソーキックからのフォールは松本がカット。里村が松本をコーナーで蹴っているとMIOが反則カウントをとると里村が投げ飛ばす。イオが里村にエルボー連打。里村はイオにカウンターのハイキックからDDT、側転からのニーとつなぐ。松本にも里村はニールキック。里村のダイビングボディープレスは松本がよける。松本が里村に東海道落とし、そこへイオがスワンダイブのフットスタンプ。イオはロープを挟んでの松本にハイキックからスワンダイブで飛びつくが松本にこらえられそのまま倒れてる里村の上にライガーボム。松本がイオに低空ラリアットからパワーボムを狙うがイオが耐えて低空ドロップキック。こーなに上がったイオだが松本に雪崩式のブレーンバスターで投げら、そこへ里村がダイビングボディープレスは松本が2カウントでカット。里村と松本がエルボー合戦。里村のハイキックをかわした松本は張り手。里村はソバットからエルボースマッシュ、オーバヘッドキック。里村が松本にスリーパー。里村のバックをとった松本の二人まとめてイオはスワンダイブ式回転エビ固め。イオは松本にバズソーキック、里村に串刺しのダブルニー、ダブルアーム式フェイスバスターからムーンサルトを決めるが松本がイオにロックドロップ、里村が松本にデスバレーボムからスコーピオンライジング。イオが里村にアッパー掌底、松本がイオにラリアットで三人ともダウン。イオが松本にムーンサルトを決めるが里村がカット。里村がイオにデスバレーボムを決めたが時間切れのゴングが打ち鳴らされた。試合後はイオが里村、松本、そして特別レフェリーのMIOとツーショット。イオが引き上げる途中で小橋とも握手。

試合後コメント

イオ「ありがとうございました。ドローを超えたドローですねこれは。予想はしてましたけど、予想以上のハードな試合でしたね。いやー、女子プロ界の最高峰が集まるとこんな試合になるんだっていうことを自分の身をもって体感しました。日本の女子プロ界のトップスリー。トップスリーというか最高峰レベルの選手が集まったような感じでこのカードを組んでいただいてますけど、これは別に日本だけの話じゃなくて世界の女子プロレスレベルで見てもハイレベルな試合だったと終わってみて改めて思います。こんなカードを組めたのもすべて小橋健太さんのプロデュースだからこそですし、その瞬間を見ていただけてよかったなと思います。里村選手は来週の6月16日の私のラストマッチの前日にも新潟のほうで試合が組まれているのでもう一度闘う機会があったんですけど、松本選手とはもうできないかもしれないと思ってた中でこのカードが実現したのでとても意味のあるカードだったんじゃないかと思います。ありがとうございました」

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »