株式会社スターダム

今を信じて、明日に輝け!We are STARDOM!

TEL.03-5858-8384

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-33-4-603

2018年7月5日 7・14新木場(昼夜)&7・16後楽園&7・22大阪の対戦カード発表会見

2018年7月5日 7・14新木場(昼夜)&7・16後楽園&7・22大阪の対戦カード発表会見

7月5日の午後12時より都内の道場で7・14新木場(昼夜)&7・16後楽園&7・22大阪の対戦カード発表会見があり選手が意気込みをのべた。

~BRIGHT SUMMER STARDOM vs RISE日米交流戦~

7月14日(土)新木場1stRIMG  12:00

<決定カード>

◆スターダム&RISE The dream come trueトーナメント 1回戦 15分1本勝負

中野たむ   vs  キキョウ

刀羅ナツコ  vs  ブリット・ベッカー

◆クイーンズ・クエストvs大江戸隊 6人タッグマッチ 30分1本勝負

渡辺桃         花月

バイパー   vs   葉月

小波          夏すみれ

他、数試合

 

7月14日(土)新木場1stRING  6:00

◆スターダム&RISE The dream come trueトーナメント 決勝戦 15分1本勝負

中野たむvsキキョウの勝者  vs  刀羅ナツコvsブリット・ベッカーの勝者

◆STARS vs クイーンズ・クエスト 8人タッグマッチ 30分1本勝負

岩谷麻優        渡辺桃

鹿島沙希    vs   バイパー

スターライト・キッド     小波

渋沢四季        AZM

他、数試合

 

7月16日(祝・月)後楽園ホール   11:45AM

◆ワンダー・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<王者>渡辺桃   vs   <挑戦者>葉月

※渡辺桃は3度目の防衛戦

◆ドリーム・ミックスマッチ 30分1本勝負

レイ・ワグナー       イホ・デル。ドクトル・ワグナーJr

岩谷麻優     vs    花月

鹿島沙希          夏すみれ

◆SWA世界選手権試合 30分1本勝負

<王者>バイパー  vs  <挑戦者>中野たむ

※バイパーは2度目の防衛戦、たむは1年ぶりの対決

◆アーティスト・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<王者チーム>      <挑戦者チーム>

ジャングル叫女       RISE選抜チーム

刀羅ナツコ      vs

米山香織

他。数試合

 

STARDOM X STARDOM in OSAKA

7月22日(日)エディオンアリーナ大阪 第2競技場 12:00

◆ワールド・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<王者>花月   vs   <挑戦者>バイパー

※花月は初防衛戦

◆ゴッデス・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<王者チーム>      <挑戦者チーム>

岩谷麻優     vs    渡辺桃

鹿島沙希          小波

※岩谷&鹿島、2度目の防衛戦

他、数試合

~BRIGHT SUMMER STARDOM vs RISE日米交流戦~

7月14日(土)新木場1stRIMG  12:00

<決定カード>

◆スターダム&RISE The dream come trueトーナメント 1回戦 15分1本勝負

中野たむ   vs  キキョウ

刀羅ナツコ  vs  ブリット・ベッカー

◆クイーンズ・クエストvs大江戸隊 6人タッグマッチ 30分1本勝負

渡辺桃         花月

バイパー   vs   葉月

小波          夏すみれ

他、数試合

 

7月14日(土)新木場1stRING  6:00

◆スターダム&RISE The dream come trueトーナメント 決勝戦 15分1本勝負

中野たむvsキキョウの勝者  vs  刀羅ナツコvsブリット・ベッカーの勝者

◆STARS vs クイーンズ・クエスト 8人タッグマッチ 30分1本勝負

岩谷麻優        渡辺桃

鹿島沙希    vs   バイパー

スターライト・キッド     小波

渋沢四季        AZM

他、数試合

 

7月16日(祝・月)後楽園ホール   11:45AM

◆ワンダー・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<王者>渡辺桃   vs   <挑戦者>葉月

※渡辺桃は3度目の防衛戦

葉月「紫雷イオから渡辺桃が白いベルトを取って、渡辺桃の時代がこれから始まるとか偉そうなことばっか言っとるけど、最初は生え抜きしか挑戦できんかったベルトで、それが今は誰でも挑戦できる。結局、赤いベルトと変わりのないベルトになってしまったんで、自分が後楽園で渡辺桃から取って、また生え抜きしか挑戦できんようなベルトにしてやりたいと思います」

桃「ワンダー・オブ・スターダムチャンピオンの渡辺桃です。今回、三度目の防衛戦なんですけど、相手は元クイーンズ・クエスト、現大江戸隊の葉月なんですけど、元々クイーンズ・クエストにいたころからずっと同じ世代でライバルだと思っていたので今回のこの防衛戦で決着をつけるときかなと思います。私が防衛して同じ世代の中で飛びぬけられるようにちゃんと防衛したいと思います」

–レスラーとしての印象は?

葉月「気持ちのこもったプロレスができるのは桃なんじゃないかなっていうのはすごい感じてますけど、でもそれだけじゃ意味ないないんで」

桃「葉月はケンカっぽいという印象です」

–葉月が生え抜きのみにしたいと言っていたが?

桃「自分も元々、生え抜きが挑戦するベルトだと思っていたんですけど、誰が挑戦してもこのベルトの価値が上がるだけだと思っているので別に誰でも挑戦してもいいんじゃないかと思っています」

–葉月はなぜ生え抜きしか挑戦できないようにしたいのか?

葉月「自分が白いベルトを取りたいって思ったときに生え抜きしか挑戦できないっていう特別なものがあったから白いベルトを取りたいっていう強い思いがあるわけで、生え抜きじゃなくても誰でも挑戦できるんだったら赤いベルトとなんも変わりがないと思いますんで」

–桃に先に取られてしまったが?

葉月「先に取ろうと、後に取ろうと結局、葉月が白いベルトを巻くんでどうでもいいかなって思います」

–今の言葉を聞いて本心はどういう思いだと思いますか?

桃「本心は自分が後輩で先に取っているので、しかも二回挑戦して負けている紫雷イオ選手から私が取っているので嫌悪感はあると思います」

 

◆ドリーム・ミックスマッチ 30分1本勝負

レイ・ワグナー       イホ・デル。ドクトル・ワグナーJr

岩谷麻優     vs    花月

鹿島沙希          夏すみれ

◆SWA世界選手権試合 30分1本勝負

<王者>バイパー  vs  <挑戦者>中野たむ

※バイパーは2度目の防衛戦、たむは1年ぶりの対決

◆アーティスト・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<王者チーム>      <挑戦者チーム>

ジャングル叫女       RISE選抜チーム

刀羅ナツコ      vs

米山香織

他。数試合

 

STARDOM X STARDOM in OSAKA

7月22日(日)エディオンアリーナ大阪 第2競技場 12:00

◆ワールド・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<王者>花月   vs   <挑戦者>バイパー

※花月は初防衛戦

◆ゴッデス・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<王者チーム>      <挑戦者チーム>

岩谷麻優     vs    渡辺桃

鹿島沙希          小波

※岩谷&鹿島、2度目の防衛戦

小波「クイーンズ・クエストの小波です。私がクイーンズクエストに入って早二カ月…やっとタイトルマッチのチャンスがやってきました。まずは渡辺桃とタッグでゴッデスのベルトに挑戦させていただけることになったんですけども、クイーンズクエストは今、ベルトを総取りする計画を立てておりまして、まずゴッデスのベルトを私たちが腰に巻いて、それからスターダムにある全てのベルトに挑戦して全てのベルトをクイーンズクエストに持ち帰りたいと思います。チャンピオンの鹿島沙希選手、今日体調が悪そうなんですけども体調が悪いことを理由にベルトを手放してほしくないんで万全の体調でこの日は試合に挑んでほしいです」

桃「小波さんが言った通りクイーンズクエストは今ベルト総取り計画を立ててるんですけど、まず手始めにそのゴッデスのベルト、鹿島沙希さんは復帰して取ったばっかりでかわいそうなんですけど、クイーンズクエストが取らせていただきますんでよろしくお願いします」

岩谷「ゴッデス・オブ・スターダムチャンピオン、スターダムのアイコン岩谷麻優です。今回、二回目の防衛戦が決まったんですけど、自分たちが目指すところはサンダーロックが十回の防衛記録を塗り替えることです。誰もまだ十一回目、十二回目を達成したことがないので自分たちがこのチームで十一回、十二回、もっともっと防衛していきたいと思います。そしてこのチームの魅力はやられてもやられても最後には自分たちが勝って立ち上がり続けるところが一番の見せどころというか、このチームの良さだと思っているんでどんなにやられてもスリーカウントを肩を上げ続けて最後には自分たちが勝ちたいと思います」

–鹿島選手の体調は大丈夫か?

鹿島「試合までには万全にしっかり治して、せっかく取ったベルトなんでそう簡単には手放すわけにはいかないので、しっかり治して挑みたいと思います」

–相手のタッグチームの印象は

岩谷「あまり二人が組んでるところを見たことがない。普段あまり組んでない?それともただ印象に残ってないだけなのかもしれないんですけど、シングルプレイヤーとしてはそれぞれ個性があってすごいなという部分はあるんですけど、これがタッグになると良いチームなのかっていうのはまだ闘ってみないとわからないです。二人が組んでる印象がないです」

–岩谷選手はそう言っているが

桃「確かに小波さんもQQに入ったばかりなので組んだばかりというわけではないんですけど、あまり組んでる印象はないかもしれないですけどこっちは密かにタッグの練習もしているんで負ける気はしないです」

小波「渡辺桃は自分と共通することでキックがあると思うんですけど、鋭い蹴りの持ち主だと自分でも思っていますし、自分も渡辺桃の蹴りに関してはすごい鋭さがあると思ってて、そこが武器になってくると思いますけど、それだけで取れるようなベルトじゃないと自分たちも思っていますのでその覚悟のためにもタッグで秘策を練って挑戦していきますのでそれをチャンピオンには肌で感じてもらいたいと思います」

–QQのベルト総取りはイオがいなくなったから?

桃「リーダーとしていた紫雷イオ選手がクイーンズ・クエストを抜けたということで他のユニットになめられていると思うんです。それが嫌なので強さの象徴であるベルトを自分たちが全部取って一番強いユニットなんだっていうのを見せたいと思います」

他、数試合

 

~BRIGHT SUMMER STARDOM vs RISE日米交流戦~

7月14日(土)新木場1stRIMG  12:00

<決定カード>

◆スターダム&RISE The dream come trueトーナメント 1回戦 15分1本勝負

中野たむ   vs  キキョウ

刀羅ナツコ  vs  ブリット・ベッカー

◆クイーンズ・クエストvs大江戸隊 6人タッグマッチ 30分1本勝負

渡辺桃         花月

バイパー   vs   葉月

小波          夏すみれ

他、数試合

 

7月14日(土)新木場1stRING  6:00

◆スターダム&RISE The dream come trueトーナメント 決勝戦 15分1本勝負

中野たむvsキキョウの勝者  vs  刀羅ナツコvsブリット・ベッカーの勝者

◆STARS vs クイーンズ・クエスト 8人タッグマッチ 30分1本勝負

岩谷麻優        渡辺桃

鹿島沙希    vs   バイパー

スターライト・キッド     小波

渋沢四季        AZM

他、数試合

大江戸隊

花月「第10代、ワールド・オブ・スターダムチャンピオンの花月様です。対戦相手がいないからしょうがないよね、こういう形になるのは。マスコミの皆さん暑い中、本当にあり

がとうございます。クソくだらないこんな会見にきてくれて、誰も面白いこと言ってねぇじゃねえかよ。まぁいいや、新木場と後楽園とエディオン大会のカードが発表されてますけども、花月様は新木場で大江戸隊vsクイーンズ・クエストの四人と当たるんですけどこれは置いといて、後楽園ですね、葉月さんはタイトル戦でしっかりメインを務めてもらってきっちり取ってくれると思うんで、花月様と夏さんはあのワグナー親子とそれぞれSTARSのへなちょことこっちのイホさんと花月、夏っていうカードなんですけど、私は初めてこういう偉大な選手と組んで対戦するっていうことなんで非常ににワクワクしてるわけですけども、何が一番問題かというとイホさんに大江戸隊のダンスを踊ってもらえるかどうかが一番ポイントなところで、しっかり夏さんと説得して一緒にダンスで入場できればなと思ってますんでそこを楽しみにしててもらえればなと思います。あと7・22の大阪エディオンですね、ここでですね私、初防衛戦が決まっております。花月様10周年を迎えるにあたって10周年記念試合として大阪のビックマッチのメインで取りたてのワールド・オブ・スターダムの初防衛戦の相手は裏切り者のバイパーです。まぁ過去の話なんでどうでもいいんですけどキッチリあのデカ女を倒してこの初防衛戦の相手に相応しいと思うんで、キッチリ地元の大阪で花月様がチャンピオンとして結果を出して見に来てくれた皆様を試合内容でも結果でもキッチリ納得させて期待を上回る試合をして…なんだ…まぁそういうことですよ。そこらへん大きく取り上げてくださいね。花月様の10周年ですからね。よろしくお願いしますね」

葉月「自分はさっきしゃべったんで言うことはないんですけど。でも後楽園のセミが花月さん、夏さん、イホさんvsへなちょこ二人とワグナーさん。ここはすごい試合をすると思うので」

花月「ごめんねメイン食っちゃったら」

葉月「食わせないように自分がすごい試合をして白いベルトを大江戸隊に持って帰りたいと思います。あとは…」

花月「もういいんじゃない。みんな暑そうだし」

葉月「特にないです」

花月「自分もすごい汗だくなんだ」

葉月「もう終わります」

花月「終わります。あっ質問受け付けます」

–バイパー対策はバッチリ?

花月「バイパー対策はもうバッチリです。バイパーが大江戸隊を裏切ってから幾度となくタッグやらシングルやらで対戦してきたんですけども、シングルでは一敗一分けなんです。タッグではキッチリ勝ってるんですけども、それを踏まえていえば私の負け数が多いのかなっていうところが実際のところで、あの巨体を持ち上げたり起こしたりするのにかなりのパワーと体力が必要になってくるので今頑張って走って、毎日、走って走ってトレーニングして頑張って体力をつけてますんでそこが対策かな。あとダンス頑張ってます」

–ワグナー親子の印象は?

花月「私、日本のプロレスしか興味ないんであまり知識が深いわけではないんですけど、このカードを教えてもらってから一生懸命調べるわけですよ。とりあえず名前が長い。それだけですね。本当にすごい偉大な方っていうのは分かっていることなんでしっかり…レイ・ワグナーさんはマスクを取ってから初めて日本で、スターダムで試合をするんで素顔のワグナーさんと対戦できるというところではすごいマスクを剥がすことができない。何を剥がそうかっていうところなんですけどもね…。そういう感じです。とりあえずダンス頑張ります」

JAN

小野崎「スターダム・ライオンハート。小野崎玲皇です」

米山「ごきげんにジャングルってるゴム人間。米山香織です」

刀羅「女子プロレス界の女荒武者。刀羅ナツコです」

叫女「ジャンジャン投げて、グルグル回せ、どんな相手もなぎ倒す、密林パワー全開、ジャングルってる女、ジャン叫です。私たち」

小野崎&米山&刀羅&叫女「JANです」

小野崎「自分はまだ一つもカードが発表されてないんですけど、どんな相手でも頑張りたいと思います。後楽園の日に米山さん、叫女さん、ナツコさんがアーティスト・オブ・スターダムなので私はルアカさんと一緒にセコンドで応援したいと思います」

米山「後楽園ホールではアーティスト・オブ・スターダムの初防衛戦。気合の現れをみんなに伝わるように、なんと私たち三人、お揃いのコスチュームを作りました。でもまだ間に合うか微妙なところなんですけど。そんなところも皆さんに楽しんでいただけたらなと思っています」

刀羅「この後楽園の防衛戦の前に自分は新木場大会でRIZEのトーナメント戦に出場させていただきます。私は一番最初に闘うのはブリッド・ベッカー選手ですがこのトーナメントを通して全部自分が食ってやろうと思ってます。ここで勢いをつけて後楽園ホール大会に挑みたいと思います」

叫女「明るく、元気よく、そして強く私たちらしく試合をして、ベルトにも書いてあるようにBONDS。絆。私たちにはどのユニットよりも絆が強いと思いますのでその絆でJANJAN防衛を重ねて、このベルトはあまり防衛数が少ないみたいなので最多防衛記録を狙っていきたいと思います。いくぞー」

小野崎&米山&刀羅&叫女「ジャングルジャングル」

–新コスチュームはどんな感じ?

刀羅「ベルトを意識した色になっています。そして今まであまり見たことのない…私たちのイメージにはないっていうのもあります。あとは元気。元気さとかそのコスチュームからでる絆を意識したような感じのテーマで作ってます。お楽しみに」

–リーダーの叫女が全て出資する?

叫女「そうです。そこはJANの軍資金を貯めていたので。自分が独立するってなったときに。資本金で玲皇のやつもルアカのやつも作りますよ。そのためにもこのベルトをJANのものでありたいので防衛したいと思います」

STARS

中野「皆さんこんにちはSTARSの中野たむです。このブラウス、実は初めてスターダムに参戦直訴したときに着てたブラウスなんです。今度の後楽園大会の日で私がスターダムに参戦直訴してから364日記念日になります。一年には一日足りないんですけど、その日は一年マイナス一日記念日でそして私がスターダムに参戦するかしないかってなったときに査定試合の相手がバイパーだったんです実は。今回の後楽園ホール大会でバイパーの持ってるSWAのベルトに挑戦させていただけるってことですごく…自分の中ではすごく運命的なものを感じていて、この一年間の中野たむの集大成がここになるんだなって自分では思ってます。このSWAのベルトっていうのは初代王者が紫雷イオ選手でその後トニー・ストームが取って、その後が今のバイパーがチャンピオンです。日本人のチャンピオンていうのはイオさんしかいないんですよね。なのでイオさん以来の日本人チャンピオンとして中野たむが一年前の私ではないというところをしっかり刻みたいと思いますので皆さん絶対にその姿を目に焼き付けに来てください。よろしくお願いします」

渋沢「STARSの渋沢四季です。7月16日は私にとっても特別な思い出の日で、ちょうど一年前の後楽園ホール大会で私はスターダムの選手としてデビューさせていただいたので、すごい運命的なたむチャンも大事な日だし、私も大切な日なので。まだ対戦相手は発表になってないんですけど、どんな相手がきても一年やってきた成果を見せられるような試合をしたいと思います。お願いします」

岩谷「大阪大会のことはさっき言ったんですけど後楽園大会はワグナーさんと組むんですけど、これまで何回かこういうレジェンドの男性のレスラーさんと組まさせていただくことは何回かあったんですけど本当に勉強になることがたくさんで、盗めるところは盗んで自分のものにしていきたいなと思います」

–たむは最近勢いが失速気味?バイパー戦については

中野「最近おとなしいねとか声をかけていただくんですけど、自分の中では全然そんなことはなくて、いつも全力だし、いつも全てをリングに捧げているし、自分の中ですごい絶好調なんですよ。その質問をすごくもらうんですけど自分の中ではそこはかみ合ってなくて今本当にプロレスが楽しいし、勝ちも続いてる。バイパー戦に向けてってところでは一年前のバイパー戦は正直言うとボロ負けというか…表現的には嫌な表現ですけどすごいよくない結果になってしまったんですけど、その時から中野たむっていうのは自分の中では真っ向勝負で当たって砕けろ精神ていうのがすごいあったんでそれはちょっと馬鹿正直にいきすぎたなっていうところがあったんですけど、一年間プロレスをスターダムでやってきてそれだけじゃあいけないつていうのを学んだのがすごく大きく変わった部分ではある。そういった点で変わった中野たむっていうのを見せていけたらいいなと思います」

QQ

小波「7月16日の後楽園ホール大会は私とAZMちゃんはまだカードが決まっていないのでなんと言ったらいいかわかんないですけど、いつどこで誰が対戦相手になろうが全力で試合をするだけだと思ってますので。あとはバイパーが来日します。これは自分たちにとってすごい大きいことです。ユニットとしてもどんどんバイパーがいることによって強くなっていると思いますし、新たなクイーンズ・クエストで何が見せれるかっていうのは楽しみにしてていただきたいです」

AZM「自分は新木場大会の夜以外まだカードが分からないんですけど、新木場大会の夜はパッと見、ヒョロヒョロな人が多いですね。怪我しないか心配なんですけど。こっちにはチャンピオンもいますし、バイパーも小波さんも、なんといっても司令塔のAZMがいるので。勝ちにいきたいと思います」

桃「AZMちゃんが言った通りヒョロヒョロな人が多いですね。昼は自分は大江戸隊と対戦ということで前哨戦になるのでここでキッチリ勝って防衛戦もちゃんと勝ちたいと思います。16日と21日は先ほどコメントしたのでいうことはないです」

–リーダーは決まりましたか?

AZM「もちろん司令塔のAZMです」

–それで決定?

小波「キャリアも一番上で、すごく自分からいろんな人に噛みついて発信してくれているので、自分たちはこのリーダーを守るだけだと思っているので、司令塔でありリーダーのAZMちゃんとしっかりサポートして守っていきたいという気持ちはあります」

桃「自分もAZMちゃんがリーダーで特に問題はないと思うので。一番キャリアも上で、AZM先輩なので。問題はないです」

AZM「よかったです。皆さん笑ってますけど」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »