株式会社スターダム

今を信じて、明日に輝け!We are STARDOM!

TEL.03-5858-8384

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-33-4-603

2017年7月26日 GPSプロモーションにバイパーが参戦

2017年7月26日 GPSプロモーションにバイパーが参戦

2017年7月26日 GPSプロモーション~Growth

新木場1stRING

◆シングルマッチ 20分1本勝負

バイパー

5分39秒
セントーン→体固め

中野たむ

◆シングルマッチ 20分1本勝負

バイパー

5分39秒
セントーン→体固め

中野たむ

バイパーが中野たむの査定試合としてGPSプロモーションに参戦。ロックアップからバイパーがパワーで倒すと中野はエルボー連打を放つがバイパーの一発に吹っ飛んでしまう。バイパーはヘッドバッドから串刺し攻撃。2発目をかわした中野はミドルキックからハイキックへとつなぎロープに走るが待っていたのはバイパーのラリアット。バイパーのボディプレスは2カウントで返す。途中でクリスも乱入し中野を攻める。バイパーのリバーススプラッシュをかわした中野はドロップキックから串刺しドロップキック、さらに側転エルボー、フィッシャーマンで投げようとするも持ち上がらず、逆にバイパーに叩きつけられてしまう。バイパーのセントーンをかわした中野は逆にセントーンを決めるが2カウント。スピンキックからフォールするが決まらない。コーナーへ振ろうとした中野にバイパーはバックドロップからセントーンとつなぎフィニッシュ。

試合後にバイパーがマイクを持ち中野に向けて

バイパー「あなたはいいファイティングスピリットと強いハートを持っている。大江戸隊へようこそ」

そしてバイパーが手を差し出すと中野も握り返す。

試合後コメント

–初対決のバイパーはいかがでしたか?

中野「納得いかないです。重いし強いし。やっぱり自分の無力さっていうのを感じましたね今日は」

–査定試合ということで試合後は握手をしましたが

中野「試合に納得いかないことは自分にも色んな意味であったんですけど、ただ大江戸隊は今日、誰も来ないのかなって思ってたんだけどクリス・ウルフ選手が来てて、バイパーさんと対面してクリスさんがリングに…なんか大江戸隊の方々の大江戸隊に対する愛っていうのがすごい痛いほど感じて自然とそれを感じた時に手を握ってしまいましたね。なんか愛ってプロレスにすごい必要っていうかすごい大事なものだと思うんですよね。それは色んなものに対してなんだけど、ファンの人への愛とか、パートナーへの愛とか、闘う相手への愛とか、チームメイトへの愛とか、その大きいものを感じました」

–一緒に闘ってみたいという気持ちになった?

中野「今はまだ何も言わないでおきます」

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »