株式会社スターダム

今を信じて、明日に輝け!We are STARDOM!

TEL.03-5858-8384

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-33-4-603

2018年7月28日 ジャングル叫女が我闘雲舞に出場し勝利

2018年7月28日 ジャングル叫女が我闘雲舞に出場し勝利

2018年7月28日 我闘雲舞 板橋区立グリーンホール

Ⓒ我闘雲舞

◆シングルマッチ 20分1本勝負

ジャングル叫女

12分14秒

ダイビングボディプレス→片エビ固め

水森由菜

◆シングルマッチ 20分1本勝負

ジャングル叫女

12分14秒

ダイビングボディプレス→片エビ固め

水森由菜

我闘雲舞に久しぶりの参戦となったジャングル叫女の対戦相手は初対戦となる水森由菜。握手から試合はスタート。水森が力比べを要求し叫女も応えると水森が押し倒す。ショルダータックルのぶつかり合いは叫女が打ち勝つ。叫女はヘアホイップ。カナディアンバックブリーカーで水森を抱え上げた叫女はロープに乗せ走りこんでのボディアタック。エルボーの打ち合いから水森がドロップキック。叫女のスライディングラリアットを丸め込みでかわすも2カウント。さらに低空ドロッキックからカバーするが2カウント。水森が逆エビ固めに捕らえると叫女は脚力で返す。叫女が串刺しボディアタック、水森も追いかけボディアタック。叫女もドロップキックをやり返す。スライディングラリアットからのフォールは2カウント。コーナーに上がった叫女に水森は下からエルボー。水森が叫女を抱え上げコーナーに打ち付けショルダータックル連発からボディプレスは叫女が肩を上げる。背中へボディプレスを落としてからの逆エビ固めに叫女は悲鳴を上げながらロープエスケープ。叫びながらエルボーを打ち合いから叫女がラリアットからフォールするが水森は丸め込むも2カウント。叫女がスライディングラリアット。叫女はボディスラムからセカンド、トップコーナーからの連続ダイビングボディプレスを投下し3カウント。試合後に叫女が握手を求め水森も応えるが張り手を一発。最後はJANが勝ち名乗り。

試合後コメント

水森「初めてジャングルと当たったんですけど、私と違ったパワーがすごくて、やっぱりまだ5カ月じゃ本当に叫女さんを倒すまでには至らなくて…今日、勉強させてもらったんですけど、また絶対に次挑みたいと思います。その時は絶対に今の自分とは違ったもっと強い私でジャングル叫女さんに挑みたいと思います」

叫女「一年ぶりの我闘雲舞さんに参戦して水森由菜選手という新人の選手なんですかね…闘って見事に勝つことができたんですけど、たぶん半年くらいだと思うんですけど、その割には度胸があるなって思いましたね。物おじしない、気持ちを前面に出した闘いを自分相手にできたっていうのはこれからどんだけ大きくなるのか…もともと大きいんですけど。プロレス的にドンドン成長していくのはすごい楽しみだし、最後に自分が手を差し出したときに張ってきたんで、それはちょっとびっくりしましたけど自分はこういう初心というかそういうのを忘れていたわけではないんですけど、思い出させてくれたっていう意味では今日闘って本当によかったなって思うし、自分もどんなに強い相手だろうが、大きい選手だろうが気持ちで負けないプロレスをしていきたいなっていうのを水森選手から学んだんで。でも途中危なかったところもあったんですけど今日はこうやってJANのみんなが応援に来てくれたので、あとはジャンサポもアウェーなんですけどたくさん見に来てくれたおかげで何とか勝つことができたので皆さんのおかげです。本当に今日はありがとうございました。楽しい試合でした。ありがとうございます」

 

写真提供 我闘雲舞

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »