株式会社スターダム

今を信じて、明日に輝け!We are STARDOM!

TEL.03-5858-8384

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-33-4-603

2017年10月29日 MASK FIESTA2017

2017年10月29日 MASK FIESTA2017

MASK FIESTA2017
10月29日(日)新木場1stRING (観衆256人)

◆3WAYバトル 15分1本勝負

スターライト・キッド

4分53秒
スタンディング・ムーンサルト→体固め

キキまーる
※もう一人はBear Cat
 

◆タッグマッチ 10分1本勝負

スイート&スパイシー

10分00秒
時間切れ引き分け

ナイトメア・ディモン

スピンドラ

レディ・パンク

 

◆6人タッグマッチ 20分1本勝負

月鬼丸

11分19秒
エクスプロイダー→片エビ固め

フェアリー・ゴッドジャングル

鬼華姫

ビオラ・タイガー

○餓鬼狼with中邪鬼

シキメロディ♡●

 

◆マスク・フィエスタ2017 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負

○IOTICA

15分21秒
ムーンサルトプレス→片エビ固め

アロハ・ビート

チュパンダ

シャウト・ウーマン●

ミニIOTICA

マスク・ド・ワンちゃん

 

◆3WAYバトル 15分1本勝負

スターライト・キッド

4分53秒
スタンディング・ムーンサルト→体固め

キキまーる
※もう一人はBear Cat

黄色いキキまーるは「格闘マスク少女」、ベアキャットは「グリーンの山猫」とコールされる。キッドはハロウィン仕様のマスク、コスチュームはいつもと違うガーリーな姿で登場。レフェリーは、バーブ佐々木仮面。3人が握手を交わすがゴングと同時にキキまーるとベアキャットが襲いかかる。キキまーるが歩ズを取ると背後からキッドがドロップキック。それを蹴散らしたベアキャットは「あなたのハートにベアキャット!」と決めゼリフ(?)。キッドとキキまーるがダブルのブレーンバスターを狙う。持ち上がらないとみるや、キキまーるはベアキャットと結託、キッドを揺すってマットに落とす。キキまーるが外道クラッチにいくがキッドが返す。キッドがロープワークで攪乱するもキキまーるとのショルダータックルはどちらも譲らず。キキまーるとキッドがダブルのビッグブーツでベアキャットを押え込む。ベアキャットが返すと、キッドが挑発。腕を捻り上げるとキキまーるも加わる。キキまーるがポーズを決めてロープを疾走。キッドがルアカを捕まえていたが、キキまーるが押し倒したのはキッドの方、キキまーるとベアキャットがキッドをマットに投げつける。ベアキャットがキッドにフィニッシュを宣言して熊猫フィッシャーマン。ベアキャットとキキまーるがエルボーの打ち合い。カバーには入るとキッドがカット。キッドがキキまーるに飛びつくが丸め込まれる。キッドがその場跳びのムーンサルトプレスを放つとキキまーるが返せず3カウントが入った。

 

◆タッグマッチ 10分1本勝負

スイート&スパイシー

10分00秒
時間切れ引き分け

ナイトメア・ディモン

スピンドラ

レディ・パンク

レディ・パンクはハーレイ・クイン、デーモンはフレディ・クルーガーがモチーフか。先発はパンクとスイート&スパイシー。ロックアップから腕の取り合いとなり、スイートがヘッドシザーズ。パンクが脱出しヘッドロック。すぐにスイートが抜け出して腕を取る。パンクも脱出し、回転してポージング。そこへスイートがラリアット。デーモンがリングインすると鉄のかぎ爪で背中を攻撃。スイートがそれを奪い取り花道に投げ捨てる。コーナーに振られたスイートだがデーモンをグラウンドにもっていく。ラリアットをかわしたデーモンがコルバタ。かたちが崩れるとドロップキックも相打ちに。パンクがスピンドラにブレーンバスター、ランニングギロチンを連発。エルボードロップはスピンドラがかわして相手をコーナーに追いやる。ボディーアタックを食らわすと、スピンドラがタランチュラを極める。スピンドラがコーナーでヘッドシザーズ。ヒップで攻撃するとトップロープにしがみつく。そこへパンクがドロップキックを打ち込むがスピンドラがこらえる。控えのデーモンがフットスタンプでたたき落とす。戻されたスピンドラのマスクにパンクが手をかけるとブーイング。パンクがカバーするとスピンドラがクリアー。デーモンがスピンドラにヘッドロック。デーモンがスピンドラに串刺しエルボー、顔面にロープを擦りつける。残り3分。パンクがスピンドラを自軍コーナーで捕獲しデーモンも攻撃。スピンドラは後方にパンクを叩きつけスイートにタッチ。スイートが2人に次々とラリアット。スイートがデーモンとパンクをコーナーに追い込み串刺しボディーアタックからパンクにカーフブランディング、デーモンをコーナーに乗せて雪崩式狙い。そこへパンクがカットしパワーボムで叩きつける。スピンドラが入ってエルボー連打。残り1分。パンクがスピンドラを場外に落とすと、デーモンが三角飛びプランチャを狙う。足を踏み外すが、もう一度やり直して場外ダイブ。4人がリングに戻ってくるが残り10秒。スイートがコーナーのデーモンに突っかかっていったところでタイムアップのゴングが鳴り響いた。

 

◆6人タッグマッチ 20分1本勝負

月鬼丸

11分19秒
エクスプロイダー→片エビ固め

フェアリー・ゴッドジャングル

鬼華姫

ビオラ・タイガー

○餓鬼狼with中邪鬼

シキメロディ♡●

愛嬌を振りまくフェアリー・ゴッドジャングルには「チョーカワイイ!」の声が飛ぶ。そんなゴッドジャングルは「密林の妖精」とコールされる。レフェリーは村山大値仮面。フェアリーは「私の魔法でいちころなのよ」と言い始める。すると場内が暗転。すぐに明るくなり、月鬼丸が「なにも替わってねえじゃねえか!」と言い放ち、チーム総出で襲いかかる。メロディが捕まり餓鬼狼がサッカーボールキック。メロディをコーナーに追い込むと、月鬼丸がコーナーに振ってドロップキック。鬼華姫がリングインしヒメコールとともに逆水平チョップの連打をお姫様らしく優雅に放つ。月鬼丸らはメロディの耳を掴んで攻撃。月鬼丸は「マスク破るぞ!」とメロディの耳に手をかける。場内ブーイングの中、月鬼丸組がメロディを攻め込む。しのいだメロディが月鬼丸にエルボー連打からドロップキック。ビオラが入り次々とショルダータックルを決めていく。ゴッドジャングルはステッキを使って相手を次々投げていく。レフェリーも投げたゴッドジャングルにフェアリーコールが浴びせられる。しかし全員がゴッドジャングルを攻撃。しかしいつのまにかやられているのはレフェリーの方。ビオラが月鬼丸を叩きつけるが2カウント。ランニングボディープレスも2カウントで返される。月鬼丸はミサイルキックでビオラを吹っ飛ばすと鬼華姫に託す。鬼華姫はドロップキックを連打。ビオラを立ち上げると、コブラツイストの掛け合い。ビオラが強引に押し倒しスピアを放つ。ゴッドジャングルが鬼華姫のバックを取るが切り返されエルボーを食らう。ゴッドジャングルが魔法の光線を発射(?)。鬼華姫が受け止めたか放ち返す。ゴッドジャングルが魔法をかけるとリング上全員の動きが止まる。ここぞとばかりにゴッドジャングルが押し倒すもレフェリーが動かない。気づいたレフェリーは「(この雰囲気を)なんとかしてくれ!」と心の叫び。メロディが餓鬼狼にドロップキック連打からミサイルキックへ。メロディと餓鬼狼が逆さ押さえ込みの掛け合い。ビオラのアシストからメロディが押え込むも返される。月鬼丸のハイキックが餓鬼狼に誤爆。メロディが丸め込みの連続も中邪鬼がカバーを妨害。ゴッドジャングルが中邪鬼が投げ込んだぬいぐるみを攻撃する。鬼華姫と月鬼丸は「オマエ、ジャングル叫女だろ!」と叫んでゴッドジャングルに精神的ダメージを与える。餓鬼狼がメロディをエクスプロイダーから押え込むと3カウントが入った。

月鬼丸組のコメント

一同「オレたち卍、地獄からやってきた!」

月鬼丸「ということで、終わりましたよ」

鬼華姫「お疲れさまでしたあ」

月鬼丸「月鬼丸だ、月鬼丸」

中邪鬼「中邪鬼っちゃ」

鬼華姫「鬼華姫でございますう」

餓鬼狼「ゲキロー…。ガキロー? 餓鬼狼」

月鬼丸「親分の大江戸隊から、地獄から呼び出しがかかりまして」

鬼華姫「寒いですわねえ、現代はねえ」

中邪鬼「寒いし湿気が多いです」

鬼華姫「地獄はねえ、毎日400度、気温があるんですのよ」

月鬼丸「姫、そんなに露出して大丈夫ですか?」

鬼華姫「寒いでございますわ。早く火あぶりしないと風邪引いてしまいますわ」

月鬼丸「ヘンな、なんか、妖精みたいなのが…。大丈夫ですか、汚れてないですか、姫」

鬼華姫「いえいえ」

中邪鬼「大丈夫ですか、みなさんは。私は大丈夫あるよ」

月鬼丸「おにいちゃんが守ってやったぜ」

中邪鬼「おにいちゃん、かっこよかったあ」

月鬼丸「ダンスはヤバかったけどね(笑)」

中邪鬼「ダンス、ヘタ。おにいちゃん、ダンス、ヘタ!」

鬼華姫「ちょっと特訓いたしましょう」

中邪鬼「次はもっとすげえヤツ、人間どもに見せてあげましょうね」

鬼華姫「そうですわねえ」

月鬼丸「じゃあまた来年あたりに、新木場1st RINGというところに戻ってきましょうか」

鬼華姫「もうちょっとあったかいといいんですけどねえ。来年は100℃くらいはせめてあってほしいですね」

中邪鬼「最低100℃」

鬼華姫「来年は激熱な会場で」

中邪鬼「もうちょっと湿度もね。カラッとした感じがいいですね」

月鬼丸「帰りましょう」

鬼華姫「ご機嫌うるわしゅう」

中邪鬼「また1年後」

月鬼丸「じゃあな」

休憩明けにはティグレFUKA&ゆずポンマスク&MAYUCHICAによるスペシャルトークライブが行われた。

 

◆マスク・フィエスタ2017 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負

○IOTICA

15分21秒
ムーンサルトプレス→片エビ固め

アロハ・ビート

チュパンダ

シャウト・ウーマン●

ミニIOTICA

マスク・ド・ワンちゃん

“叫ぶ女”シャウトはメガホン、“愛犬家”ワンちゃんは白い骨、“ハワイ出身格闘仮面”ビートはアロハ姿で登場。IOTICA組がコールされるとチュパンダは相手チームにキャンディをプレゼントして一礼。この試合は両チームの意向により、ノータッチでも試合権利の移るルチャリブレルールが採用されることがアナウンスされる。レフェリーはバーブ佐々木仮面。IOTICAが相手チームからの握手を制して先発に名乗りを挙げる。シャウトがメガホンを手にゴングを聞く。イオチカコールにつづきシャウトコール。シャウトはIOTICAの突進をかわして絶叫。シャウトの構えからIOTICAの突進をかわし再度絶叫。さらにもう一度シャウトの構えを見せると突っ込んできたIOTICAの目前でシャウトする。IOTICAは「うるせえ」と一喝しメガホンでアタマを叩く。シャウトが場外に出ると飛ぶと見せかけミニにタッチ。ミニとワンちゃんが対峙。ワンちゃんは骨を振り回して攻撃。ビートが出てくるとチュパンダがキャンディーを差し出し制止する。しかしチュパンダは無視して攻撃。チュパンダをコーナーに追い込むと水鉄砲攻撃を仕掛ける。チュパンダをコーナーに追い込みビート組が串刺し攻撃。しかしシャウトの攻撃だけはカットされてしまう。ビートがチュパンダをロープに固定しチーム総出で攻めていく。ビートはビーチサンダルでチュパンダを滅多打ちにすると、チュパンダをサーフボードに見立ててポーズを取る。チュパンダがボールを使ってワンちゃんを翻弄。IOTICAとミニが合体して肩車。次々と相手チームを蹴飛ばしていく。肩車の状態でワンちゃんに全体重を乗せていく。ワンちゃんはミニの腕に噛みつき。ビートがミニの腕を蹴り上げるとヘッドシザーズ。次々と選手が入って数珠つなぎに。マスクをつけた謎の選手も入って首4の字。ゆずポンマスクが呼び込まれ数珠つなぎに加わってみせる。反転させるとMAYUCHIKAが水鉄砲を持って乱入、数珠つなぎを崩壊させる。するとビートとミニがジャンケンをおっぱじめる。負けた方が水を吹きつけられ、シャウトがリングイン、「シャウトするぞ!」と宣言するがチュパンダに丸め込まれる。チュパンダはフルネルソンスラムからダイヤル固め。どんどん加速されたダイヤル固めだが、シャウトがこらえてみせる。しかし目が回ったか、よろめいて立ち上がれず。10分経過。チュパンダは敵も味方もレフェリーも投げていく。欽ちゃんジャンプはシャウトがひとりシャウト。もういちどやり直し欽ちゃんジャンプ。しかしここでもシャウトがひとりシャウトで浮いてしまう。シャウトは気が狂ったように全員を攻撃。コーナーのIOTICAに選手、レフェリーを次々と投げていく。そしてシャウトがシャウトしてドロップキックをIOTICAに放つ。シャウトとワンちゃんが相手を振るも切り返されて鉢合わせに。エストレージャのかたちとなりミニがビートにパロスペシャル。IOTICAがシャウトにブレーンバスターの構え。チュパンダも加わり、全員でかけ合う。IOTICAはレフェリーも入れて自分たちで投げきることに成功。ミニが場外にプランチャ。チュパンダがエプロンからプランチャ、IOTICAがケブラーダで宙を舞う。場内はバーブコール。するとバーブ佐々木仮面もトペスイシーダで自殺行為の場外へ。15分経過。戻ったIOTICAがシャウトにムーンサルトプレスを決めると、3カウントが入った。

IOTICA「みなさんどうもこんばんは!スペイン語ではオラですね。オラ・アミーゴス! ハポンのみなさまあたたかいですね。うれしいです。1年ぶりのスターダムマスクフィエスタ、今年も開催できて、みんなハッピーでーす。なんかね、あの、今日はすごく途中怖かったけど、ま、楽しかったです。私は、IOTICAはマスクが大好きなので、マスクを被ってる人はみんな仲間です。ありがとうございます。みなさん、楽しんでいただけたでしょうか。ムチャス・グラシアス。じゃあ最後は、みんなリングに上がってくれい。イエイ、イエイ。1年に1度しかない締めをさせていただきます。マスクを信じて明日に輝け、ハッピーハロウィーン!」

選手たちがリングに上がり、最後は全員で記念撮影。

IOTICA組のコメント

IOTICA「久しぶりのハポンですけども、毎年、毎年、アミーゴたちがあたたかく迎えてくれてホントにうれしいですし、ミニIOTICAもチュパンダも頑張ってくれたので、楽しかったです。グラシアス」

チュパンダ「ハイ、初めての参戦だったんですけど、まあ、IOTICAとミニIOTICA、すごい力強くて頼もしいパートナーだったなって思います。来年も参戦したいなあって思います」

ミニIOTICA「ハイ、IOTICAとは何回か組んだことがあるんですけど、チュパンダとは初めてということでとても楽しかったです。来年もまたぜひミニIOTICAで出たいです」

IOTICA「じゃあまた来年もハッピー…」

一同「ハロウィーン!」

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »