株式会社スターダム

今を信じて、明日に輝け!We are STARDOM!

TEL.03-5858-8384

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-33-4-603

2017年4月23日 SHINING★STARS KAGAWA

2017年4月23日 SHINING★STARS KAGAWA

SHINING★STARS KAGAWA
4月23日(日)高松シンボルタワー (観衆264人=満員)

◆スターダム3WAYバトル 15分1本勝負

クリス・ウルフ

5分53秒
飛び込み式エビ固め

AZM

※もう一人は米山香織
 

◆シングルマッチ 15分1本勝負

花月

9分28秒
えびす落とし→エビ固め

刀羅ナツコ

 

◆タッグマッチ 20分1本勝負

紫雷イオ

14分0秒
アトミック・ボムズアウェー→片エビ固め

宝城カイリ

○HZK

美邑弘海●

 

◆SWA世界選手権試合 30分1本勝負

<王者>

10分55秒
ドリル・ア・ホール・パイルドライバー→片エビ固め

<挑戦者>

トニー・ストーム

ロサ・ネグラ

※第2代王者のトニー・ストームが8度目の防衛に成功
 

◆6人タッグマッチ 30分1本勝負

○岩谷麻優

12分15秒
フロッグ・スプラッシュ→体固め

ジェシカ・ハヴォク

ジャングル叫女

テッサ・ブランチャー

小波

エッサ●

 

 

◆スターダム3WAYバトル 15分1本勝負

クリス・ウルフ

5分53秒
飛び込み式エビ固め

AZM

※もう一人は米山香織

4年ぶりとなる高松大会の第1試合はクリス・ウルフvsAZMvs米山香織の3WAYマッチ。米山がクリスに共闘を持ちかけAZMに攻撃する。もう一度連係をしようとするが米山がクリスを裏切り丸め込むも2カウント。今度はAZMに共闘を持ちかけ米山がクリスをキャメルクラッチに捕らえるとAZMはクリスにドロップキック。今度はAZMがクリスをキャメルクラッチの体制になると米山はAZMにドロップキック。米山がロープに走るとクリスとAZMの連係が決まる。クリスが米山にヘッドシザースから膝蹴り。米山はクリスにモンゴリアンチョップからぐるぐるパンチそしてクロスチョップ。米山がリバースインデアンデスロックを決めるとAZMが米山にクリスト。AZMはクリスと米山にダイビング・ボディアタック。クリスが米山にジャンピングニー。AZMのボディーアタックを米山がキャッチし前に落としセントーンを決めたところにクリスが飛び込んできて抑え込むと3カウントが入った。

 

◆シングルマッチ 15分1本勝負

花月

9分28秒
えびす落とし→エビ固め

刀羅ナツコ

第2試合は刀羅ナツコvs花月。花月のコールが終わると同時にナツコがドロップキック、ショルダータックルで先制攻撃するとゴングが鳴らされる。しかし花月は法被でナツコの首を絞める。さらにエルボーやドロップキック、逆エビ固めで追い込むもロープに逃げる。ナツコはエルボーを放つも花月はもっと来いと挑発する。花月は水を口にするとナツコに吹きかける。花月が串刺し攻撃を見舞いもう一度狙おうとコーナーに戻るのをナツコが追いかけ串刺しエルボーからドロップキック、セントーン3連発は2カウント。ナツコは河津落としを仕掛けるが花月が耐えると卍固め。ナツコがコーナーに上るが花月はデッドリードライブで投げ捨てる。エルボー合戦から花月が顔面をかきむしりソバットからバズソーキックは2カウント。ならばとブレンバスターからフォールするがナツコはギリギリで肩を上げる。花月がナツコを担ぎ上げるが着地し河津落としから腕と首を決める。ナツコがロープに走ったところに花月はハイキック2連発からえびす落としが決まりフィニッシュ。

 

◆タッグマッチ 20分1本勝負

紫雷イオ

14分0秒
アトミック・ボムズアウェー→片エビ固め

宝城カイリ

○HZK

美邑弘海●

3試合目はQQの紫雷イオ&HZKvsカイヒロ海賊団の宝城カイリ&美邑弘海。HZKがおばさん出て来いと挑発すると宝城&美邑は困惑するとさらにHZKは頬骨のほうだよと指名。宝城がヘッドロックでHZKの頬骨を攻める。HZKも同じように攻撃する。美邑とイオに代わると美邑は投げ縄のようなものを持ち込み振り回しビビらせようとするがイオもHZKも無反応。そしてあっさりイオに奪われるとそのロープで思いっきり叩かれてしまう。美邑はドロップキックからエルボーで攻めるがイオはスワンダイブ式の低空ドロップキック。HZKが美邑に顔面ウォッシュ。イオの串刺しニーをかわした美邑は逆さ抑え込み、2カウントで返されるとドロップキック。ようやく宝城に交代するとダブルチョップからマシンガンチョップ。イオとHZKのダブル攻撃をかわした宝城は二人まとめてスピアー。イオが宝城にクロスフェイスを決めるとHZKも美邑にクロスフェイス。エルボーの相打ちからイオがアッパー掌底、宝城はローリングチョップで両者ダウン。HZKが宝城に串刺しドロップキック。イオとHZKは合体スイングDDTから抑え込むも2カウント。宝城はスピアーをHZKに決める。美邑がHZKにドロップキックからエルボー連打。宝城がセカンドロープからダイビング・エルボー、美邑がトップロープからダイビング・ボディーアタックからのフォールはイオがカット。HZKは二段蹴りから丸め込むも2カウント。イオのスワンダイブのミサイルキックが宝城と美邑に決まると宝城は場外に。イオが場外の宝城にケブラーダと同時にHZKのアトミック・ボムズアウェーが美邑に決まり勝利。

 

◆SWA世界選手権試合 30分1本勝負

<王者>

10分55秒
ドリル・ア・ホール・パイルドライバー→片エビ固め

<挑戦者>

トニー・ストーム

ロサ・ネグラ

※第2代王者のトニー・ストームが8度目の防衛に成功

セミファイナルはSWA世界選手権でトニーの8度目の防衛戦の相手はロサ・ネグラ。ゴング前にロサがヘッドロックに捕らえるとゴングが鳴らされた。じっくりとした試合展開となる。トニーはビッグブーツからのフォールを2カウントで返されるとヒップバット。ロサはコーナーに振られるとセカンドロープに飛び乗り背面式のエルボーを放つ。ロサはトニーを抱え上げるとコーナーに打ち付けていき、カッターのように落としていく。トニーは張り手連打からソバット、ロープに走るもキャッチされ逆にロサのスパインバスターを食らってしまう。すると大江戸隊が乱入しゴムパッチン。蹴りを連続で放つロサ。トニーを場外に落とすとロサがトぺで飛んでいく。トニーをリングに戻し喜ぶ大江戸隊にトニーもトぺ発射。トニーが投げっぱなしジャーマンから串刺しヒップアタック、フィッシャーマンは2カウント。ロサはパワースラムで叩きつけるとトップロープに上がるもトニーが捕まえフィッシャーマンはロサが肩を上げるが直後にパイルドライバーを食らってしまい返すことができなかった。

 

◆6人タッグマッチ 30分1本勝負

○岩谷麻優

12分15秒
フロッグ・スプラッシュ→体固め

ジェシカ・ハヴォク

ジャングル叫女

テッサ・ブランチャー

小波

エッサ●

メインイベントは岩谷麻優&ジャングル叫女&小波組vsエッサ&テッサ・ブランチャード&ジェシカ・ハボック組。先発は叫女とジェシカ。叫女がジェシカの肩を小突くとジェシカもやり返すとパワーの違いで倒れる寸前になるとタッチを求め岩谷に代わる。岩谷はロックアップするが思いっきり投げ飛ばされてしまう。バックに回り持ち上げようとするも動かない。ならばとロープに振るが戻ってきたジェシカに体当たりされてしまうと小波にチェンジ。小波はローキックで膝をつかせるロープに走るがボディーアタックで飛ばされてしまう。ここで三人がかりの合体攻撃を試みるがまとめて弾き飛ばされてしまう。場外戦になると外国人軍団が猛威を振るう。テッサ&ジェシカ&エッサが小波にトレイン攻撃。さらにエッサが小波、ジェシカが叫女、テッサが岩谷を捕らえる。小波はエッサにエルボーからハイキック。叫女がテッサにショルダータックルから串刺し攻撃を狙うがかわされてしまう。しかし三人をコーナーに振ると串刺しボディーアタック。岩谷を呼び込みまとめて低空ドロップキック。テッサが変形のDDTを叫女に決めるが立ち上がりラリアットで両者ダウンしジェシカと小波にチェンジ。小波はジェシカのブレンバスターを切り返しスリーパー。ミサイルキックを放つが倒れないジェシカ。ロープに走った小波にビッグブーツ。岩谷に代わるとドロップキック、エルボー。しかし場外に引きずり出されるとエッサがコーナーからプランチャ。岩谷はエッサにソバットからトラースキック。セカンドロープからのダイビング・フットスタンプからフォールするがテッサがカット。小波がテッサとジェシカの誤爆を誘う。ジェシカに小波と叫女がダブルドロップキックで場外に出すと叫女がエッサを叩きつけ小波がバズソーキック、岩谷がフロッグ・スプラッシュを決めて勝利を飾った。

試合後マイク

叫女「高松の皆さん初めましてジャングル叫女です。そして4年ぶりにスターダムが帰って来ました。ただいまー。(客席からおかえりー)すごい熱い皆さんですね高松の皆さん。麻優さん勝ちました」

岩谷「勝ちましたー。あのね結構強烈な3人だったけど皆さんの声援のおかげで3カウント取ることができました。応援ありがとうございます。そして本当に4年ぶりに戻ってこれて本当に嬉しく思ってます。これからはね毎年できるようにスターダムも頑張って行きたいと思いますので皆さんもまた是非、来年も再来年も来てくれたらなと思います。ありがとうございました」

小波「私は広島県出身なんですけど、こうやって高松にくるのは初めてです。皆さん今日は本当にご来場ありがとうございました」

叫女「それではまた来たいと思います。そういった意味を込めて最後絞めたいと思います。高松、すぐにでも帰ってきたいと思います。今日は本当にありがとうございました。今を信じて明日に輝けWE ARE STARDOM」

試合後コメント

叫女「高松大会メインイベントは私たち正規軍が勝利することができました。今日は皆さんもジャングルってましたね」

岩谷「ジャングルってた」

小波「ジャングルって」

叫女「今、流行らそうと思ってるので。どんどんジャングルってるって載せてくださいね。大丈夫ですか上の空ですけど皆さん」

岩谷「大丈夫です」

叫女「また高松大会、4年ぶりとかだったんですぐにでもまたこうやって帰ってきたいと思います。ありがとうございました」

岩谷&小波「ありがとうございました」

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

« »