株式会社スターダム

今を信じて、明日に輝け!We are STARDOM!

TEL.03-5858-8384

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-33-4-603

2018年2月24日 大阪大会(昼)

2018年2月24日 大阪大会(昼)

大阪大会
2月24日(日)大阪・世界館 (観衆232人=超満員札止め)

◆3WAYバトル 15分1本勝負

刀羅ナツコ

5分25秒

昇天→片エビ固め

スターライト・キッド
※もう一人は米山香織
 

◆タッグマッチ 15分1本勝負

木村花

7分24秒
妖乱→片エビ固め

中野たむ

○夏すみれ

渋沢四季●

 

◆6人タッグマッチ 15分1本勝負

トニー・ストーム

15分00秒

時間切れ引き分け

ニコル・サボイ

ザイヤ・ブルックサイド

ビー・プレストリー

ジャングル叫女

ミランダ

 

◆美邑弘海シャウト・カウントダウン タッグマッチ 20分1本勝負

○紫雷イオ

10分00秒
テキサス・クローバーホールド

美邑弘海●

渡辺桃

小波

 

◆WHO王座決定トーナメント1回戦 30分1本勝負

花月

8分37秒

大江戸コースター→片エビ固め

ジェニー・ローズ
 

◆WHO王座決定トーナメント1回戦 30分1本勝負

岩谷麻優

11分48秒

ドラゴン・スープレックス・ホールド

HZK
 

◆3WAYバトル 15分1本勝負

刀羅ナツコ

5分25秒

昇天→片エビ固め

スターライト・キッド
※もう一人は米山香織

大阪・世界館大会の昼夜興行の昼の部のオープニングマッチはスターライト・キッドvs刀羅ナツコvs米山香織の3WAYマッチ。チームジャングルってるで組んでるナツコと米山がキッドに蹴りから腕を取る、さらにダブルを狙うがキッドがナツコにボディアタック、しかし倒れなかったが米山がナツコを裏切り押し倒す。今度はキッドと米山がナツコにダブルチョップ。ナツコをキャメルクラッチにとらえたキッドに米山がドロップキック。米山に裏切られたキッドとナツコはダブルのドロップキックで仕返し。そして攻守が入れ替わる中最後はナツコの昇天がキッドに決まりフィニッシュ。

◆タッグマッチ 15分1本勝負

木村花

7分24秒
妖乱→片エビ固め

中野たむ

○夏すみれ

渋沢四季●

第二試合は渋沢四季&中野たむ組が大江戸隊の夏すみれ&木村花に挑む。たむと花が頭を付けて睨み合ってると夏が間に入りホームタウンの大阪だからと先発を買って出ると渋沢も先発を希望し試合がスタート。夏がロックアップで押し込むが渋沢はドロップキックを放つと中野も入ってくるが花も加勢すると場外戦になり大江戸隊がペースを握る。たむは花にドロップキックや側転エルボー、ドラゴンスリーパー。花と夏は四季に連続ビッグブーツ。夏の妖乱が四季に決まると3カウントが入った。

◆6人タッグマッチ 15分1本勝負

トニー・ストーム

15分00秒

時間切れ引き分け

ニコル・サボイ

ザイヤ・ブルックサイド

ビー・プレストリー

ジャングル叫女

ミランダ

第三試合はミランダ&ビー・プレストリー&ニコル・サボイvsジャングル叫女&ザイヤ・ブルックサイド&トニー・ストームは夜の試合で叫女vsニコル、ミランダvsトニーのタイトルマッチの前哨戦になっている。トニーとミランダが先発でじっくりとしたグラウンドを展開していく。叫女とニコルとなりショルダータックル合戦ではニコルが倒すも叫女はアームホイップ。ザイヤが蹴りやエルボーでビーを攻めるがビーはスープレックスで投げると腕を攻めていく。トニーはミランダに投げっぱなしジャーマンから串刺しヒップアタック。叫女がニコルに串刺しアタックからロープに走るもカウンターのニーから腕を攻め込まれる。叫女とビーがエルボー合戦。ビーにザイヤがハイキック、トニーがビッグブーツ、ザイヤがコードブレーカー、トニーが投げっぱなしジャーマン、叫女がダイビングボディープレスはニコルがカットに入り2カウント。叫女にビーがトラースキック、ニコルが投げっぱなしジャーマン、ビーがPKからフォールするがロープをつかむ。叫女がラリアットからハンマースロー式パワーボムを狙ったところでゴングが打ち鳴らされて時間切れ引き分けとなった。

◆美邑弘海シャウト・カウントダウン タッグマッチ 20分1本勝負

○紫雷イオ

10分00秒
テキサス・クローバーホールド

美邑弘海●

渡辺桃

小波

第四試合はシャウトカウントダウンとなった美邑弘海が小波と組み渡辺桃&紫雷イオとの対戦。小波と桃が蹴りを打ち合う。美邑がイオに低空ドロップキック。しかし美邑のつかまる時間が長くなってしまう。桃にDDTを決めると小波へチェンジ。小波は桃に膝十字。美邑と小波が連携を見せる。美邑のシャウトはイオに阻まれてしまう。桃が美邑に連続ブレーンバスター。イオがダブルアーム式フェイスバスター。美邑のシャウト・キックがイオに決まるも2カウント。エンドレス・ワルツは桃がカット。桃が小波にダイビング蒼魔刀を決めるとイオのテキサス・クローバーホールドが美邑にガッチリ決まりギブアップ。

◆WHO王座決定トーナメント1回戦 30分1本勝負

花月

8分37秒

大江戸コースター→片エビ固め

ジェニー・ローズ

セミファイナルはWOH初代王座決定トーナメントの1回戦はジェニー・ローズvs花月。ジェニーは花月の左腕を攻めていく。花月は水噴射。エルボー合戦から花月がロープに走るとジェニーは旋回式のサイドバスター、ブレーンバスターは2カウント。コーナーに上がるとフライングラリアット。花月は掌底からソバット、えびす落としとつなぐが決まらない。花月は雪崩式ブレーンバスターを放つがジェニーはラリアット。最後は花月の大江戸コースターが決まりトーナメント1回戦を突破した。

◆WHO王座決定トーナメント1回戦 30分1本勝負

岩谷麻優

11分48秒

ドラゴン・スープレックス・ホールド

HZK

メインイベントはWOH初代王座決定トーナメントの1回戦で岩谷麻優vsHZK。序盤からスピード感あふれる展開となる。HZKは顔面ウォッシュ、走りこんでは岩谷がかわし串刺しドロップキックで場外に落ちるとプランチャ。岩谷のダイビングフットスタンプをかわしたHZKはコードブレーカー、変形の腕固め。アトミック・ボムズ・アウェーは岩谷が足を上げて迎撃。ロープに走ったHZKにトラースキック。HZKは二弾蹴りから背中へのセントーン。みちのくドライバーⅡからアトミック・ボムズ・アウェー、スライディングキックは2カウント。岩谷のジャーマンは2カウント。ハイキック、トラースキックからの逆打ちも2カウント。ならばとドラゴン・スープレックス・ホールドを決め3カウントが入り2回戦進出を決めた。

試合後マイク

岩谷「大阪の皆さんこんにちは。とりあえずWOHの1回戦目勝ちました。すごい厳しい闘いだったけど勝ててよかったです。このまま優勝狙って勝ち続けて次、大阪に来るとき初代のWOHのチャンピオンになって戻ってきますんで応援よろしくお願いします。とりあえず誰だ?ナツコ、ちょっと目が合ったから…ちょっとダメージがしんどいんでかわりに締めてください。」

ナツコ「じゃあ皆さん上がってください。この後の夜興行も見に来てくれる人。私、刀羅ナツコとジャングル叫女選手はタイトルマッチに挑戦しますのでぜひご声援よろしくお願いします。今を信じて、明日に輝け、We Are スターダム」

試合後コメント

岩谷「WOHのトーナメント、今日が1回戦だったんですけど、まさかの初戦が日本人で大阪で。まぁ左腕を攻められて…昨日、HZKのブログとかを見たんですけど、岩谷麻優には弱点がある、そこを狙えばいけるみたいな感じで書かれてて警戒はしていたんですけど。いやーしんどい。しんどい1回戦でした。前回HZKとシングルをしたのがHZKが復帰するだいぶ前で全然闘ってるイメージがなくてどんな試合になるんだろうってすごいわくわくしてたし楽しみだったんですけど、ムチャクチャ成長してて本当に追い詰められました。ちょっとなめてたって言い方はあれですけど、ちょっと甘くみてましたね。こんなに強くなってるとは思はなかった。でも勝ててよかったです。トーナメントは1回でも負けたら…わざわざ海外に行ってチャンピオンになりますって言って殴り込みみたいな感じで行ったのに初戦で敗退してしまったら格好悪い、情けない。本当に勝ててよかったです。HZKも初代チャンピオンになるって意気込んでたので、QQで敵ですけどこのトーナメントはHZKの気持ちも背負って海外にいきたいと思います。必ず優勝して初代チャンピオンになります」

 
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

« »