第10代ワールド・オブ・スターダムチャンピオン
赤いベルトの女王は大江戸隊のカリスマ
花月
KAGETSU(かげつ)

生年月日/1992年6月24日
出身地/大阪府摂津市
身長/158cm
体重/57kg
デビュー戦/2008年8月24日、Zepp Sendai(vs永島千佳世)
得意技/大江戸コースター、風乃月、えびす落とし、バックフリップ
タイトル歴
  • 第10代ワールド・オブ・スターダム
  • 第9代&12代ゴッデス・オブ・スターダム
  • 第10代アーティスト・オブ・スターダム
  • 第21代OZアカデミー認定タッグ

個人SNS

BLOG

来歴

中学卒業と同時にセンダイガールズに入門。16歳でデビューし仙女の生え抜きとして成長。里村明衣子と対立し幾多の世代闘争を繰り広げた。2015年よりフリーとなりOZアカデミーを中心に活動。スターダムのリングには2016年3月から定期参戦し、大江戸隊の再三による勧誘でついにメンバーとなる。ブラック・バットを振り回す“取り扱い注意”ぶりで覚醒。ゴッデス&アーティスト王座を奪取したが、木村響子の引退後はニューリーダーとなる。無期限の活動停止を発表したが、大江戸隊のピンチに乱入し復帰宣言。木村花をパートナーにゴッデス王座を奪取。今や大江戸隊のカリスマ的存在で11月1日付で所属選手となる。夏すみれの加入で一時は内部分裂寸前だったが、それを回避し一層の結束を見せた。春の祭典では3大会すべてメインに登場。ドラフト会議では波紋を呼んだ。葉月をクイーンズ・クエストから離脱させ、常に話題の中心人物として暴れまわる。2018年6月9日、横浜でトニー・ストームを破り悲願の赤いベルトを奪取し、“花月内閣”を一方的に発足。

選手一覧へ