第12代 現ワールド・オブ・スターダムチャンピオン

聖なるスターダムのアイコン

岩谷麻優

MAYU IWATANI(いわたに・まゆ)

生年月日/1993年2月19日
出身地/山口県美祢市
身長/163cm
体重/53kg
足のサイズ/24.5cm
血液型/A型
デビュー戦/2011年1月23日、新木場1stRING  
 〇星輝ありさ(7分4秒、ブラジリアンキック→片エビ固め)岩谷麻優●
得意技/ドラゴン・スープレックス・ホールド、フロッグ・スプラッシュ、ダイビング・ダブル・フットスタンプ

タイトル歴

  • 第3代WOH世界
  • 5★STAR GP 2018優勝
  • 第4代&9代ワンダー・オブ・スターダム
  • 第8代&12代ワールド・オブ・スターダム
  • 第8代&13代ゴッデス・オブ・スターダム
  • 第4代&6代&9代&18代&20代アーティスト・オブ・スターダム
  • 第12代ハイスピード
  • シンデレラ・トーナメント2015&2016優勝

個人SNS



来歴

スターダム1期生としてデビュー。その身体能力、受けっぷりの良さは抜群のプロレス・センスの持ち主。デビュー3年目で脇澤美穂&松本浩代と“たわしーず”を結成し、2013年12月29日にはアーティスト王座を奪取、初戴冠となった。その変幻自在のハイパー・テクニックは秀逸でシンデレラ・トーナメント2015に優勝し一躍、脚光を浴び、翌2016年と二連覇を達成する。紫雷イオとのサンダー・ロックでは念願のゴッデス王座を獲得しV10達成。2015年10月11日、ロサ・ネグラを破り悲願のハイスピード王座を奪取、V9の新記録を達成。紫雷イオに裏切られサンダー・ロックは解散するも、2017年5月14日には宝城カイリを破り第9代ワンダー王者に返り咲いた。その後、正規軍=STARSのリーダーとしてスターダムを牽引、同年6月21日、後楽園ホール大会で紫雷イオを破り赤いベルトを奪取。史上初の赤&白同時王者の誕生となったが、9月23日にワンダー、翌日24日にはワールド王座戦中、左肘脱臼により、続けざまに両王座を転落。左膝靭帯損傷も相まって、しばらくの欠場を余儀なくされるが、復活を遂げると、ROHの女子部門WOH王座を奪取、2019年には同王者として米国スポーツの殿堂MSGに出場するなど、世界に飛躍するSTARSのリーダー。2020年1月4日には新日本プロレス東京ドーム大会への参戦も果たし、名実ともにスターダムのアイコンとして躍進する。

選手一覧へ