第18代 現ゴッデス・オブ・スターダムチャンピオン

ビッグダディ三女が痛快!プロレスデビュー!”逸材”林下詩美がスターダムに新風を呼ぶ!

林下詩美

UTAMI HAYASHISHITA(はやしした・うたみ)

生年月日/1998年9月14日
出身/鹿児島県奄美市
身長/166cm
体重/65kg
スポーツ歴/柔道初段
デビュー戦/2018年8月12日、後楽園ホール
 △ジャングル叫女(15分、時間切れ引き分け)林下詩美△
得意技/アルゼンチン・バックブリーカー、逆落とし、スリーパー・ホールド、トーチャーラック・ボム

タイトル歴

  • 5★STAR GP 2020優勝
  • 第22代アーティスト・オブ・スターダム
  • 第4代SWA世界
  • 第2代EVEインターナショナル
  • 第2代フューチャー・オブ・スターダム
  • 2018年新人王
  • 第15代&18代ゴッデス・オブ・スターダム
  • 第8回ゴッデス・オブ・スターダム~タッグリーグ戦~優勝(パートナー:渡辺桃)

個人SNS


来歴

ビッグダディこと林下清志さんの三女であり、テレビ朝日系の「痛快!ビッグダディ」で幼年期よりその大家族の生活ぶりが紹介されてきた。父の影響で柔道を始め、初段を獲得。中学2年の時には香川県の57㌔級で2位となる。家族共に大のプロレス好き。高校卒業後は飲食店に勤務し妹たちの学費を稼ぐ。妹たちの卒業を機に、憧れのプロレスラーへの道を目指して2018年3月にスターダムの門を叩く。4カ月の練習生期間を経て7月5日にプロテストに合格。デビュー戦はジャングル叫女と引き分けるなど、柔道で培った地力と類い稀なプロレス心を持った次世代のエース候補。初出場のシングルの祭典「5★STAR GP2018」では準優勝、タッグの祭典「第8回GODDESSES OF STARDOM~タッグリーグ戦」では渡辺桃とのコンビで初出場初優勝を果たす逸材。デビュー3カ月にして同コンビでゴッデス王座を獲得、2019年に入りフューチャー、SWA世界、EVEインターと合わせて一気に4冠王に君臨した。デビュー1周年では最高峰の赤いベルト、ワールド・オブ・スターダムに挑戦するも敗退。2度の手指骨折による欠場を経て続けざまに王座を陥落するも、完全復活を遂げると、赤、白のベルトに照準を定めフューチャー・オブ・スターダム王座も返上、2020年は再び最前線に躍り出るか!?

選手一覧へ