2019/04/14 試合結果

2019年4月14日 ドラフト会議2019

ドラフト会議2019
4月14日(日)新木場1stRING(観衆401人=超満員札止め)

◆シングルマッチ 15分1本勝負

吏南

4分53秒
ブリッジ式エビ固め

妃南

◆3WAYバトル 15分1本勝負

中野たむ

5分52秒
変形横入り式エビ固め

羽南

※もう一人はレベル・ケル

◆JAN vs 大江戸隊 6人タッグマッチ 20分1本勝負

葉月

10分28秒
ブレーンバスター固め

刀羅ナツコ

アンドラス宮城

小野崎玲皇

○夏すみれ

飯田沙耶●

◆STARS vs クイーンズ・クエスト 6人タッグマッチ  20分1本勝負

星輝ありさ

12分25秒
変形後方回転エビ固め

小波

鹿島沙希

AZM●

○スターライト・キッド

ビー・プレストリー

◆ドラフト会議2019 5WAYバトル 30分勝負

木村花

11分49秒
OTR

ジャングル叫女

勝ち抜け順
①岩谷麻優(2分17秒、OTR)花月
②渡辺桃(5分30秒、OTR)花月
③花月(6分56秒、OTR)木村花
負けたJANは強制解散

◆ドラフト会議指名順
STARS
岩谷麻優リーダー
1位指名…スターライト・キッド
2位指名…星輝ありさ
3位指名…中野たむ
4位指名…鹿島沙希
5位指名…羽南
6位指名…ザイヤ・ブルックサイド
7位指名…飯田沙耶

 

クイーンズ・クエスト
渡辺桃リーダー
1位指名…AZM
2位指名…林下詩美
3位指名…ビー・プレストリー
4位指名…バイパー
5位指名…シャーダネー
6位指名…小野崎玲皇
7位指名…妃南

 

大江戸隊
花月リーダー
1位指名…葉月
2位指名…アンドラス宮城
3位指名…刀羅ナツコ
4位指名…ジェイミー・ヘイター
5位指名…”セッション・モス”マルティナ
6位指名…夏すみれ

 

多国籍軍(仮)
木村花リーダー
1位指名…ジャングル叫女
2位指名…小波
3位指名…マリー・アパッチェ
4位指名…ナツミ
5位指名…レベル・ケル
6位指名…ボビー・タイラー
7位指名…ルアカ
8位指名…吏南
9位指名…米山香織

◆シングルマッチ 15分1本勝負

吏南

4分53秒
ブリッジ式エビ固め

妃南

メインのドラフトでのサプライズがあればセミまで組んでた相手が今後、敵や味方にかわり所属しているユニットでの試合は最後になるかもしれない。そのオープニングマッチは双子の吏南vs妃南の対決。久しぶりの姉妹対決は握手からスタート。グラウンドの展開や柔道殺法、丸め込みの応酬と意地を見せた闘いは吏南が逆さ抑え込みにブリッジで乗ってのフォールで姉妹対決を制した。

◆3WAYバトル 15分1本勝負

中野たむ

5分52秒
変形横入り式エビ固め

羽南

※もう一人はレベル・ケル

第二試合はレベル・ケルvs羽南vs中野たむ。STARSの羽南とたむが手を組んで多国籍軍(仮)のレベルを狙うのか。たむが差し出した右手を張る羽南はいきなりたむにエルボー。レベルとたむが羽南に連携攻撃を仕掛けるが羽南がかわしドロップキック。今度は羽南がたむに共闘を呼びかけトレイン攻撃。レベルは長身を生かしたドロップキックを羽南に見舞う。そして攻守が目まぐるしく入れ替わる中、たむが羽南に変形の横入り式エビ固めで抑え込み勝利した。

◆JAN vs 大江戸隊 6人タッグマッチ 20分1本勝負

葉月

10分28秒
ブレーンバスター固め

刀羅ナツコ

アンドラス宮城

小野崎玲皇

○夏すみれ

飯田沙耶●

第三試合はJANvs大江戸隊の6人タッグマッチ。JANが襲い掛かり試合がスタート。葉月にJANが合体攻撃。しかし徐々に大江戸隊がペースを握っていく。飯田は葉月にエルボーで反撃するも逆に一発で倒されてしまう。ナツコはパワーで押しまくる。ナツコとアンドラスはエルボーを打ち合う。夏のドラゴンリングインにナツコはスピアー。アンドラスのエルボーが夏に誤爆し飯田が抑え込むも2カウント。葉月がスワンダイブのドロップキック。葉月と夏が飯田に合体のコードブレーカー。そして夏のブレーンバスター固めが決まり大江戸隊が勝ち名乗りを受けた。

◆STARS vs クイーンズ・クエスト 6人タッグマッチ  20分1本勝負

星輝ありさ

12分25秒
変形後方回転エビ固め

小波

鹿島沙希

AZM●

○スターライト・キッド

ビー・プレストリー

セミファイナルはSTARSからキッド&鹿島&星輝に対するはQQのビー&AZM&小波。ビーはキッドの腕を攻めていくと小波とAZMも同じところを狙う。鹿島は小波とAZMにフェイスバスターを仕掛けると同時にビーにもドロップキック。STARSが連携攻撃。ビーが星輝にニーからバックドロップ。小波とビーが連携。小波が星輝の足を攻撃していく。星輝のブラジリアンキックが小波に決まるが足の痛みでカバーできない。AZMとキッドは意地の張り合い。キッドのフロッグスプラッシュは小波がカット。AZMのミスティカをかわしたキッドが抑え込み3カウント。

◆ドラフト会議2019 5WAYバトル 30分勝負

木村花

11分49秒
OTR

ジャングル叫女

勝ち抜け順
①岩谷麻優(2分17秒、OTR)花月
②渡辺桃(5分30秒、OTR)花月
③花月(6分56秒、OTR)木村花
負けたJANは強制解散

メインはドラフトの指名順位をかけた一戦。勝利していった順が指名順位となり抜けていき最後に負け残ったユニットは強制解散となる。木村花、花月、ジャングル叫女、渡辺桃、岩谷麻優の順で入場していき、それぞれのユニットがリーダーのロープをあげていく。そして全員がリングの周りで戦況を見守る。ゴングが鳴るもそれぞれが様子をうかがう。力比べから腕を取り合っていくと、花と花月、続いて岩谷と叫女、そして桃があわやOTRになりそうになるが何とか踏ん張り危機を脱出したかのように見えたところで花月がエプロンからのスワンダイブを狙ったところを岩谷が場外に落とし1位で抜けた。花のグラウンドの卍固めが叫女に決まるも花月がカット。桃と花月が蹴りあう。四者入り乱れる。叫女がパワーボムの体制から花月を場外に落とそうとするが花月が粘る。そこへ桃が走りこんでの蹴りで花月を場外に落とし桃が2位抜け。叫女と花が花月に連携を仕掛けようとするもコーナーに上がった花にドロップキック。花はギリギリで耐えるも今日なのスキを突き花月が花を場外に引っ張り、花月が3位で抜ける。これによりJANの叫女と多国籍軍(仮)の花が残り、どちらかのユニットが強制解散となる。叫女が一気に攻め込むが花もドロップキックで反撃。花の変形卍固めを叫女はなんとかロープエスケープ。両者コーナーに上がると花の頭突きで叫女はエプロンに。花が落とそうとするももつれて花もトップロープ上からエプロンに。最後は花が叫女を強引に場外に落とし勝利となる。これによりJANが強制解散。場外で泣き崩れるJANのメンバー。

ドラフト会議に移る。

岩谷「さて2019年のドラフトが始まりました。STARSの一巡目を選ばせていただきたいと思います。STARSといえばスターライト・キッド。おめでとう。一言どうぞ」

キッド「二年連続、第一位指名いただきました。ありがとうございます。本当にうれしいです。一生麻優さんについていきます。頑張ります。ありがとうございます」

桃「クイーンズ・クエストの一巡目。もちろんAZMちゃん」

AZM「自分も二年連続ドラフト一位指名です。キッドと自分はドラフト一位なのでこの二人で未来のスターダムを作っていきます」

花月「しょうがないですね。葉月さんでお願いします」

葉月「あのさ、しょうがない、葉月さんで…葉月がいいですっていいなさい」

花月「言い直します。大江戸隊の第一指名は葉月さんでお願いします。葉月さんがいいです」

花「ジャングル。来いよ。花様が指名してやってんだよ、来いよ」

叫女「去年、自分の手でJANを作って、今年、自分の手でJANをなくしました。私はJANのメンバー、JANが本当に大好きでした。でも、花の生き方は自分は好きです。自分で厳しい道を選んで今ここにいるんだよね。私もこの逆境をしっかりチャンスに変えます」

岩谷「二巡目いきます。星輝ありさ。星輝ありさSTARSでこれからもよろしくお願いします」

星輝「皆さんこんにちは。星輝ありさです。STARS、ありがとうございます。これからも頑張っていくんでよろしくお願いします」

桃「クイーンズ・クエストの二巡目。林下詩美」

詩美「今は欠場しちゃってますけど、これからもクイーンズ・クエストとして桃さんとのタッグもクイーンズ・クエストもみんなで守っていきたいと思います」

花月「アンドラス宮城でお願いします」

宮城「…」

花「モブ美、お前だよ。モブキャラ。そこのモブキャラだよ。そうだよ君だよ。モブキャラ。小波改めモブ美。早く来い」

小波「木村花。あなたとシングルマッチしたときから私はあなたのことは嫌いじゃないです。そしてこれだけは言わせてください。どこにいっても私のトライアングルランサーは勝率100%」

岩谷「STARSの三巡目。夏さんを選ぶわけないじゃないですか。中野たむ。嬉しくない?メッチャ不満そうな顔してる」

たむ「一番じゃないと意味ないです」

岩谷「ごめん、泣いちゃった」

桃「三巡目。小波さんが…。ビー」

ビー「QQ一番」

花月「ありがとうございます。三巡目いきましょう。大江戸隊の三巡目は、な…な…つ…こでお願いします。Welcome to大江戸隊」

ナツコ「花月…いや花月さん。選んでくれると思ってました」

花「今、ここにはいないんですけどメキシコの母、マリー・アパッチェ。グラシアスって言ってるはずです」

岩谷「(花月に向かって)いらないんですか?いらないんですか?夏さん。決まりました。鹿島沙希」

鹿島「今日、麻優ちゃんが朝からすごい冷たくて。不安しかなくて。またSTARSとしてよろしくお願いします」

桃「クイーンズ・クエストの四巡目。バイパーで」

花月「ジェイミーでお願いします」

花「同じ二世レスラーなんでナツミで」

岩谷「STARSの四巡目…五巡目。いつかスターダムを引っ張っていってくれるでしょう。羽南」

羽南「前は指名してくれなかったんでとても嬉しいです。ありがとうございます」

桃「五巡目。シャーダネーで」

花月「そろそろ可哀そうでしょ。そろそろ可哀そうでしょ。大江戸隊に欠かせないよね。マルティナでお願いします」

花「レベル。レベルで」

岩谷「ここにはいないんですけど、ザイヤでお願いします」

桃「六巡目。小野崎で」

小野崎「ビックリしてます。でも自分も居場所がなくなったんですけど、選んでいただいてありがとうございます。お願いします」

花月「皆さんお待たせしました。六巡目。夏すみれでお願いします。大江戸隊はこれでストップでお願いします」

夏「もうバカ…遅いよ。あと一歩遅かったら私、STARSのものになるところだった。また…またあなたと一緒にいれてうれしい。ありがとう」

花「今、イギリスにいるんですけどボビたんで」

岩谷「STARS、七巡目。飯田沙耶。やられてもやられても立ち上がるところがSTARSっぽいなと思いましたよろしくお願いします」

飯田「もう…ありがとうございます。お願いします」

岩谷「あっ、すいません。STARS以上で大丈夫です。終わりです。終わりたいと思います。ありがとうございました」

桃「クイーンズ・クエストの七巡目。妃南で。嬉しくないの?」

妃南「あの…羽南と吏南と別れちゃうかもしれませんが…本当は一緒に…」

桃「すいません…すいません。ごめん。可愛がってあげる。大丈夫。クイーンズ・クエストはストップで」

花「どちらにしようかな、神様の言う通り、なのなのな。カッパっぽい、うれしそうだね。走ってきたね。どうした」

ルアカ「気持ちを切り替えて、選ばれたからには頑張りたいと思います」

花「いいね。いいね。メール泣いてるじゃん。じゃあ泣いてるピンクの子おいで。私もそんなに人並外れた人じゃないんだよ」

吏南「花さん大好きです」

花「いいね。いいね。私、先輩嫌いなんですけど米山です。今ちょっといないんですけど、米山ですでお願いします。あといましたっけ誰か?もうほかにいないですよね選手。じゃあそれでお願いします」

花月「じゃあ各ユニットの抱負でも言っておきましょうか」

桃「クイーンズ・クエストは小波さん…取られてしまいましたけど、闘えるのを楽しみにしてます。クイーンズ・クエストはこのメンバーでベルト総取りをまだ狙っていますので皆さん応援よろしくお願いします」

花月「大江戸隊は変わらず、一人増えてナツコさんが増えました。JANのメンバーが見事にこんなに喜んで散らばるとは思わなかったので、ちょっと改めて絆の薄さを感じたんですけど、ナツコさんは大江戸隊に入ったからにはそういうことはないと思いますのでしっかり育てていきます。ナツコを変えますんで期待しててください」

花「ここで、革命家のチェ・ゲバラの言葉を借りますと、ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨かれません。このダイヤモンドの原石たちを私がゴシゴシ磨いて、ピカピカのダイヤモンドにしたいと思います。以上」

岩谷「新木場の皆さん、こんばんは。もう一回。こんばんは。というわけでSTARS来てください。たむちゃんが…。たむちゃん、紗希ちゃん、岩谷はアーティストのベルトを持ってますし、ここに今までのメンバーに飯田が入った感じですね。これからSTARS正規軍このメンバーできちんと正当化に…やっていきたいと思うので…正統派にやっていきたいと思いますのでこれからもよろしくお願いします。というわけで自分が最後に抱負のマイクを持ったってことは自分が締めていい…締めていいのかな。締めていい。締めていいですか。一個言い忘れてた。今日をもちまして自分欠場させていただきます。ありがとうございます。自分がいない間も色々ユニットがバラバラになりましたけど、みんながスターダムを盛り上げてくれると思うので何も心配はしてないですけど、きちんと治して療養したいと思います。というわけで…というわけでユニットごとに多国軍は…多国軍はそこでいいのね?多国軍て言いにくいね。多国籍か。OK。何か言いたいことある人はいますか。夏さんしゃべりますか?OKです。てことで皆さん立ってください。という今年も一年スターダムを見に来てくれるかい?これからもよろしくね。説明してないや。まぁいいか。今を信じて明日に輝けWe Areスターダム。ありがとうございました」

試合後コメント

大江戸隊

花月「ということで、ドラフト2019が終わりました。こちらのメンバープラス、マルちゃん、ジェイミーということで、ほぼ変動はなく、ナツコが新しく加入いたしました」

ナツコ「前々から実は花月さんが選んでくれるんじゃないかなって…前々っていうかここ最近からですね。実は思ってたんですよね。だから気持ちが通じたのかなっと思って、すごい嬉しいんですよね」

花月「通じるもんだよね」

夏「JANへの未練とかは」

花月「言っておきな、言っておきな」

ナツコ「ぶっちゃけ、もちろんあのユニットにいたからこそ、こんだけ成長できたと思いますし、恨んでたりとかそういう気持ちはないですけど、何ていうかな…あのユニットにいると私…結局、ジャングル叫女の二番手なんですよね。いつもジャングルジャングルとかやって、あんなふざけたことやってたら私は上にいけないんですよ。私はもっともっと上に行きたいから、そういうのを含めて私はずっと大江戸隊に入りたいとは思ってた。だから今この席にいるのが最高に幸せです」

–花月選手はナツコ選手のどこを見込んで指名したのか?

花月「なんとなく。適当。ウソウソ。テレパシー。まぁこんなところでダラダラしゃべっても意味がないと思うのでしっかり今後を見ていただければわかるんじゃないですか。異議なしということでいいですか。撤退しますよ。じゃあとりあえず飲みに行きましょう」

QQ

桃「クイーンズ・クエストはこのメンバーとバイパー、シャーダネーなんですけど、まず一番はAZMちゃん。大江戸隊に取られず私が花月より先に抜けたので大江戸隊に取られずAZMちゃんはここに居残ってくれたわけなんですけど、一番大きいのは小波さんがやっぱり取られてしまったことかなと私は思ってます。三番目に選ぼうとしていた小波さんなんですけど、やっぱり実力もある選手ですし、取られてしまったのは本当に悲しいんですけど、これからは小波とは敵でやっていきたいと思います。しょうがないですね。後は新メンバーの二人なんですけど、小野崎はJANが解散しちゃったし妃南はすごい申し訳ないことをした感じになってしまったんですけど」

AZM「一言ずつどうぞ」

小野崎「自分のJANがなくなってどん底に落ちているところを桃さんに救っていただいて、気を改めて心機一転、クイーンズ・クエストで頑張りたいと思います。お願いします」

妃南「自分は三姉妹としてやってきて、いつもお姉ちゃんに頼ってばかりきたので頑張っていきたいと思います」

桃「泣かないで」

AZM「泣かないで」

桃「泣かないで」

AZM「これからはAZMのことを頼って。AZMのことをお姉ちゃん」

桃「お姉ちゃん」

AZM「お姉ちゃん」

桃「お姉ちゃんだから大丈夫」

AZM「OKです。めでたし」

桃「めでたし。小野崎はまだまだ成長できると私は思ってるのでこれからクイーンズ・クエストで成長してもらって、妃南はお姉ちゃんに頼りっぱなしだったから。泣かないで」

AZM「独立してね」

桃「お姉ちゃんと闘っていこう」

妃南「はい」

桃「お姉ちゃんは敵になるから。その三姉妹で闘うのがやっぱり面白いんじゃないかなと私は思うので。これからクイーンズ・クエストとしてよろしくお願いします。ありがとうございます」

–結構増やしましたけど意図はありますか?

桃「増やしました…そうですね」

AZM「プラス、シャーダネーとバイパーが」

桃「そうそう。この…八人もいるのか。結構多いですけどほかのユニットというかSTARSが元々多かったので、それがバラけた感じで丁度いいんじゃないかなって感じですね。こんだけ人数がいればアーティストも狙えますし。頑張っていこうと思います」

STARS

岩谷「というわけでSTARS、飯田さんが加わって2019年のSTARSはこのメンバーでやっていきたいと思います。大丈夫かな。みんな嫌じゃなかった?」

STARS「うれしかった」

岩谷「たむちゃんが」

たむ「一番がよかったです」

岩谷「迷ったんだけどねすごい。一番か二番かで迷った」

たむ「一番か二番かで迷った割には三番でした。」

鹿島「一番がよかったです」

星輝「頑張っていきたいと思います」

羽南「一番がよかったんですけど選んでいただけたんで嬉しかったです」

飯田「本当言うとやっぱりJANがよかったのは確かです。でも麻優さんに選ばれたからには頑張っていきたいと思います。お願いします」

キッド「二年連続、麻優さんに一位指名をしていただいてもう本当に嬉しかったです。一位指名していただいたからにはその期待に応えたいと思います。頑張ります」

岩谷「というわけで2019年、これからもSTARSをよろしくお願いします。これからも元気に王道でいくぞ。We Are」

STARS「STARS」

多国籍軍(仮)

花「人選はこの間の会見でスターダムに所属している人はみんなスターダムの飼い犬って言ったんですけど、今までずっとスターダム所属の人たちはスターダムの飼い犬だったんですけど、その中にも完璧な飼い犬になりきれていない人たちがいるなって思ってて、今回選んだのは野良犬の素質を持った人たちを選びました。モブキャラ、小波改めモブ美に関しては」

小波「おいいおいおい、それは」

花「元々生え抜きとか」

小波「変えろよ呼び方」

花「華がないんでね。私と一緒にやることによって華やかさが加わったら小波と呼びましょう。この人は生え抜きじゃないんで、あちこちの団体に出てますし、私と境遇がちょっと似てるんでね、選びました。この人は頭突きで、あっ一緒にやりたいなって思いました」

叫女「今日の?」

花「元々、ずっと結果を残せてない可哀そうな人だなと思っていたので。今日、メチャクチャ傷ついたと思うんですけど、それをこれからのパワーに変えて、怒りが一番のモチベーションなので。あとレベルは大きいから。あと、ボビーは友達だから。なんか泣いてた。泣いてた。でもダイヤモンドの原石だと思います。あとメキシコの親子レスラーはメキシコでよくご飯をご馳走してもらったりしていたので…です」

小波「米山さん」

花「米山ですは個人的な話になるんですけど5歳くらいから知ってて、私、基本先輩は苦手なんですけど、米山ですは例外ですね。出た、しゃべりたがり」

叫女「まず自分は去年自分の手で作ったJANというユニットを今日、自分の手で失いました。同時に今まで一緒にJANを築き上げてきたメンバーも一部失いました。自分もそうですけど新しい居場所でJANのメンバーはしっかり自分のやりたいようにみんなそれぞれ強く生きていってくれるのかなと思うし、リング上はつながっているので、そこで対峙したときに全力でぶつかってきてほしいし、自分もぶつかっていって、それが自分が先輩として最後にできることかなと思っています。花に選ばれて正直、花についていこうという気持ちはさらさらありません。自分のやり方もしっかり主張しつつやっていきたいんですけど、花の生き方はさっきも言ったんですけど好きで、自分もアフリカで暮らしていた経験があるので逆境って新しい自分を作れると思うので新しい居場所でしっかり新しい自分を作り出していきたいなと思っています。よろしく」

小波「まぁ自分はドラフトが終わるまでは、試合が終わるまではずっと渡辺桃に選ばれて今年もまたQQとしてやっていけるんだろうなと思っていたんですけど、予期せぬ展開でこのメンバーに選ばれてしまいましたが、見ての通りこのメンバーでスターダムが面白くならないわけはないでしょう。この先が楽しみになってきました。ジャングルが言った通り私も木村花についていく気はさらさらないですけど、こいつのことは嫌いではありません。今まではQQの仲間のため、スターダムのために頑張ってきましたが、これからは自分自身のため、いやトライアングルランサーのため、トライアングルランサーだけのことを考えて活躍していきたいと思います」

花「ピンクちゃん」

吏南「最後まで選ばれなくて、ずっと泣いてたら花さんが名前呼んでくれて。呼ばれたからこのメンバーで、自分はこのメンバーと一緒に成長できたらなと思います」

ルアカ「今日、JANがなくなってしまったんですけど、自分は気持ちを切り替えて、前同じメンバー、同じユニットだった米さんも叫女ちゃんもいるので、このユニットで頑張っていきたいなって思っています」

レベル「すごいハッピーです。ありがとう」

叫女「日本人が多いんで多国籍軍て名前…」

花「そもそもあれは名前じゃなかったじゃん。(仮)みたいな感じ。ベルトを取ったら決めようと思ってたんだけど。結局多国籍軍としては取れなかった」

叫女「おいおいね、そこも発表して革命を」

花「革命を」

叫女「起こしますか」

花「ピンクちゃん、ベロ出して」

叫女「やんなくていい。やんなくていい」

花「ベロ出して白目向いて」

叫女「変な教育すんなよ」

花「白目、白目、うえ向く。いいよ」

叫女「やらなくていいよ」

花「素晴らしい。カッパちゃんやってごらん。できる?」

叫女「いいよ。やんなくていいよ」

花「いいよ。革命を起こしましょ」

叫女「楽しくなりそうですね」

 

◆ドラフト会議指名順
STARS
岩谷麻優リーダー
1位指名…スターライト・キッド
2位指名…星輝ありさ
3位指名…中野たむ
4位指名…鹿島沙希
5位指名…羽南
6位指名…ザイヤ・ブルックサイド
7位指名…飯田沙耶

 

クイーンズ・クエスト
渡辺桃リーダー
1位指名…AZM
2位指名…林下詩美
3位指名…ビー・プレストリー
4位指名…バイパー
5位指名…シャーダネー
6位指名…小野崎玲皇
7位指名…妃南

 

大江戸隊
花月リーダー
1位指名…葉月
2位指名…アンドラス宮城
3位指名…刀羅ナツコ
4位指名…ジェイミー・ヘイター
5位指名…”セッション・モス”マルティナ
6位指名…夏すみれ

 

多国籍軍(仮)
木村花リーダー
1位指名…ジャングル叫女
2位指名…小波
3位指名…マリー・アパッチェ
4位指名…ナツミ
5位指名…レベル・ケル
6位指名…ボビー・タイラー
7位指名…ルアカ
8位指名…吏南
9位指名…米山香織 

 

一覧へ戻る

error: Content is protected !!