2019/07/21 試合結果

2019年7月20日 WORLD BIG SUMMER in OSAKA

WORLD BIG SUMMER in OSAKA
7月20日(土)エディオンアリーナ大阪・第2競技場(観衆563人)

試合結果

◆シングルマッチ 15分1本勝負

ボビー・タイラ

7分21秒
ジャンピング・キック→片エビ固め

スターライト・キッド

STARS vs 大江戸隊 タッグマッチ 15分1本勝負

刀羅ナツコ

10分42秒
ブレーンバスター・ニー→片エビ固め

星輝ありさ

○ジェイミー・ヘイター

飯田沙耶●

クイーンズ・クエスト vs TCS 6人タッグマッチ 20分1本勝負

○木村花

10分40秒
ミサイル・キック→片エビ固め

ビー・プレストリー

ジャングル叫女

渡辺桃

小波

小野崎玲皇●

SWA世界選手権試合 30分1本勝負

<王者>

11分51秒
ジャーマンスープレックス・ホールド

<挑戦者>

林下詩美

ゾーイ・ルーカス

※第4代王者の林下詩美が3度目の防衛に成功

ハイスピード選手権試合 3WAYバトル 30分1本勝負

<挑戦者>

5分26秒
後方回転エビ固め

<挑戦者>

DEATH山さん。

AZM

※第16代王者の葉月が9度目の防衛に失敗。DEATH山さん。が第17代王者となる
もう一人は<王者>葉月

◆アーティスト・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<挑戦者組>

16分19秒
妖乱→エビ固め

<王者組>

花月

岩谷麻優

アンドラス宮城

鹿島沙希●

○夏すみれ

中野たむ

※第20代王者組の岩谷麻優&鹿島沙希&中野たむが2度目の防衛に失敗。花月&アンドラス宮城&夏すみれが第21代王者となる

試合詳細リポート

◆シングルマッチ 15分1本勝負

ボビー・タイラ

7分21秒
ジャンピング・キック→片エビ固め

スターライト・キッド

第一試合のスターライト・キッドvsボビー・タイラーはシングル初対決。じっくりとした展開に。体格で勝るボビーが攻め込む。キッドは619からその場飛びのムーンサルト。キッドはエルボー。串刺し攻撃はボビーがかわし、串刺しエルボー、顔面へトラースキック。ロープに振られたキッドはロープに乗りボディアタック。攻勢のキッドは旋回式ダイビング・ボディプレスは2カウント。ボビーは延髄蹴りからトラースキック。最後はボビーの二段蹴りが決まり3カウント。

STARS vs 大江戸隊 タッグマッチ 15分1本勝負

刀羅ナツコ

10分42秒
ブレーンバスター・ニー→片エビ固め

星輝ありさ

○ジェイミー・ヘイター

飯田沙耶●

第二試合は飯田が白の王者、星輝ありさと組み大江戸隊の刀羅ナツコ&ジェイミー・ヘイターと対戦。グラウンドの展開からナツコが飯田にネックロックからヘッドロック。飯田はヘッドシザースで切り返す。ジェイミーがブレンバスターを連発。飯田が捕まってしまう。飯田はヒザへのドロップキックから低空ドロップキックで反撃。星輝は串刺しのダブルニー。星輝の蹴りをキャッチしたナツコは足を噛む反則攻撃。ナツコは星輝にスパインバスター。ナツコとジェイミーが連携攻撃。星輝はナツコに蹴り、しかし刀羅はスピアー。ジェイミーは星輝にバックブリーカー。星輝がジェイミーにニー。飯田と星輝がジェイミーにエルボーからダブルドロップキック、そして飯田が背中にフットスタンプ。飯田と星輝が連携を出すもカウント2。ナツコが二人にスピアーから連携に。飯田の飯田橋はナツコがカット。ジェイミーが飯田にラリアット連発からブレーンバスター・ニーを決めフィニッシュ。

クイーンズ・クエスト vs TCS 6人タッグマッチ 20分1本勝負

○木村花

10分40秒
ミサイル・キック→片エビ固め

ビー・プレストリー

ジャングル叫女

渡辺桃

小波

小野崎玲皇●

第三試合はQQがビー&桃に小野崎を加えたトリオ、対するはTCS最強トリオ。叫女は小野崎にヘッドロックからショルダータックル。小野崎はエルボー連打。叫女は一発で倒す。小野崎はエルボー連発からドロップキック。ブレンバスターの数珠つなぎはTCSが投げる。叫女は小野崎にジャイアントスイングを13回転。花はヘアホイップと小野崎が捕まってしまう。小波はサッカーボールキック。小野崎はエルボーで反撃しビーにチェンジ。ビーはくし刺しエルボーから低空ドロップキック。ビーは小波にハイキックからのノーザンは2カウント。叫女と花にビーはダブルドロップキック。小波はビーに延髄蹴り。ビーは小波にカウンターのニー。桃が串刺しドロップキック連発。小波はハイキックから花に代わるとビッ グブーツ。桃と花の蹴り合いは桃がが打ち勝つ。花のビッグブーツが叫女に誤爆。ビーが花に投げっぱなしのバックドロップから小野崎がバックエルボー、桃の蒼魔刀はカウント2。桃のダイビング蒼魔刀をかわした花はドロップキック。小野崎に代わるがカウンターのビッグブーツ。小野崎は花に丸め込みを連発するが決まらない。叫女がラリアット、小波がハイキック、花と叫女の連携からビッグブーツは2カウント。最後は花のミサイルキックが小野崎に決まりTCSが勝利した。

SWA世界選手権試合 30分1本勝負

<王者>

11分51秒
ジャーマンスープレックス・ホールド

<挑戦者>

林下詩美

ゾーイ・ルーカス

※第4代王者の林下詩美が3度目の防衛に成功

第四試合はEVE、ゴッデスと立て続けにベルトを落としてしまっている林下詩美はなんとしてでも防衛したいが相手は3冠王のゾーイ・ルーカス。ゾーイは詩美をロープに押し込み張り手。詩美はタックルグラウンドに。串刺し攻撃はゾーイがかわしハイキックからセカンドロープにもたれかからかかと落とし。ゾーイは詩美の足を攻めていく。ゾーイは串刺しのスピンキックからヒザへドロップキック。詩美はエルボー連打、カウンターの一本背負い。串刺しエルボーからの大外刈りは2カウント。エルボー合戦。ゾーイはヒザに蹴りからバズソーキック。ゾーイはさらにアキレス腱固めで足を攻めていくが詩美はなんとかエスケープ。ゾーイの攻撃をかわした詩美はラリアット。トップコーナーに上がった詩美をゾーイはデッドリードライブ。ゾーイはがハイキックからロープに走るも詩美がかわしスリーパー。ゾーイのPKは2カウント。そして詩美はアルゼンチンからジャーマンスープレックスで苦しみながらも王座防衛。

◆ハイスピード選手権試合 3WAYバトル 30分1本勝負

<挑戦者>

5分26秒
後方回転エビ固め

<挑戦者>

DEATH山さん。

AZM

※第16代王者の葉月が9度目の防衛に失敗。DEATH山さん。が第17代王者となる
もう一人は<王者>葉月

セミファイナルは最多防衛がかかるハイスピード戦にDEATH山さん。が割り込み挑戦で3WAYに変更。葉月が最多防衛か、AZMが新チャンピオンに輝くか、それともDEATH山さん。が横取りするか。ゴングと同時にAZMが葉月に襲い掛かり試合がスタートすると三人が目まぐるしく動き回る。DEATH山さん。がAZMと葉月に地獄突き。AZMと葉月がDEATH山さん。を蹴散らす。AZMのコルバタを葉月は着地し低空ドロップキック。葉月はAZMにボディスラム、突っ込んできたDEATH山さん。はカニ挟みでAZMの上に倒しさらに葉月はセントーン。葉月はAZMに顔面ウオッシュ。AZMはビッグブーツから葉月をコーナーに叩きつけくし刺しドロップキックからのブレーンバスターは2カウント。コーナーに上がったAZMだが、DEATH山さん。が葉月にリバース・インデアンデスロックを決めるとAZMはDEATH山さん。にクリスト。三人の丸め込みの応酬は2カウント。葉月は二人にコードブレーカー、くし刺しエルボーからスワンダイブのミサイルキック。DEATH山さん。は葉月の顔面にソバットから米-ZOUを決めるがAZMがカット。葉月にミスティカからのアームブリーカーを決めたAZMにDEATH山さん。が丸め込むがカウント2。葉月がAZMに二段蹴り、DEATH山さん。の高回転エビ固めを切り返した葉月は葉・月ストラルで抑え込むがAZMがギリギリでカット。最後はDEATH山さん。がAZMをエプロンの葉月にぶつけ場外に落とすと、その勢いのままAZMに後方回転エビ固めをガッチリ決める3カウントが入った。

 

試合後マイク

TCS「DEATH、DEATH、DEATH山。DEATH」

DEATHH山さん。「DEATH×4。嬉しいDEATH。最高DEATH。DEATH、DEATH、DEATH山。です」

試合後コメント

DEATH山さん。「最高DEATH。嬉しいDEATH。ハイスピードチャンピオンはDEATH、DEATH、DEATH山。です」

◆アーティスト・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負

<挑戦者組>

16分19秒
妖乱→エビ固め

<王者組>

花月

岩谷麻優

アンドラス宮城

鹿島沙希●

○夏すみれ

中野たむ

※第20代王者組の岩谷麻優&鹿島沙希&中野たむが2度目の防衛に失敗。花月&アンドラス宮城&夏すみれが第21代王者となる

大阪ビッグマッチのメインはアーティスト・オブ・スターダム選手権試合。チャンピオンはSTARSの岩谷麻優&鹿島沙希&中野たむvs大江戸隊から花月&アンドラス宮城&夏すみれ組。STARSの握手に応じたがやはり罠で大江戸隊が奇襲し場外戦となりゴングが鳴らされる。リングに夏と鹿島が戻ると夏が鹿島を攻め込む。宮城はボディースラム連発。花月は鹿島に水噴射からボディスラム。夏は鹿島に急所攻撃、入ってきた岩谷とたむにも急所攻撃。鹿島は夏のビッグブーツをかわし股間を蹴り上げ、さらにビッグブーツ。たむは宮城にコーナーからのネックブリーカー。たむは宮城にバックドロップから側転ニー。宮城は岩谷にDDT。花月が岩谷にミドルキック。岩谷は低空キックからのノーザンライトはカウント2。さらに岩谷は低空ドロップキックから逆エビ固め、クロスフェイス、フロント・ネックロックとつなぐも夏がカット。岩谷に夏がムチ攻撃、宮城がドロップキック、花月がえびす落としはカウント2。もう一度、えびす落とし、そして大江戸コースターを狙いコーナーに上がるがたむが押さえつけ、鹿島が雪崩式フランケンシュタイナー、岩谷がダイビング・ボディプレス。ここで両軍入り乱れる。夏が鹿島にブロンコバスター、ダイビング・ボディアタックは鹿島がかわしフェイスバスター。夏のキラースモールパッケージホールドは岩谷とたむがカット。たむと鹿島が連携、そしてさらにSTARSの連携が決まる。鹿島のダイビング・フットスタンプは2カウント。鹿島はダブルアーム式フェイスバスターからダブルアーム・スープレックスホールドでも決まらない。キルスイッチを決めフォールするも宮城がカット。ここから大江戸隊の連携。夏のブロックバスター・ホールドも2カウント。妖乱を決めるもカットが間に合う。夏シャイニング・ウィザードから次の攻撃を狙うも鹿島は起死回生で抑え込むが花月と宮城がカット。宮城と花月が岩谷とたむをドロップキックで場外に落とすとダブルトペ。リングに鹿島を戻すと花月が大江戸コースター、そして夏の妖乱が決まりフォールすると3カウント。

 

試合後マイク

(夏コール)

夏「ありがとう、ありがとう。ありがとね。 率直な気持ちを申し上げますと、ベルトってやっぱ嬉しいもんですね。嬉しいな。もうね、6年目です私。小学校1年生、小学校6年生になってます。でもね、チャンスも恵まれず、チャンスがきてもつかめず、気づいたら6年生になってました。でもね、私はベルトなんかなくったっていいんですよ、おいしいとこだけもらえたらいいんですよ。そうやって開き直ってこの6年間やってきたけど、やっぱり私も腐っても、腐ってもレスラーだったから、やっぱり嬉しい。私が花月さんと、アンドラス宮城、そして夏すみれは自分の足で、自分の決めた道を選んで、ここで会った3人です。私たち3人の選んだ道、選択は間違ってなかったとこの先何があったとしても、今のこの3人でこうやってベルト巻けた時点で、私たち3人の選択は絶対に間違ってなかったんだと、メチャメチャでかい声で言わせてください。間違ってねえぞ。本当に今日、集まっていただいてありがとうございました。今日はねこの大阪大会、なんといっても花月さんの地元大阪ですよ。締めは花月さんに締めてもらいたいと思います。花月さんお願いします」

花月「大阪のお前ら元気か。最高だな。夏さんが6年目にして初のベルトを取った。それとアンドラス宮城ことアンちゃんが、スターダム所属になって初めてのベルトを取った。そして花月様の地元ここ大阪で、それを決めた。なんていいシチュエーションなんだ、お前らありがとう。我々、大江戸隊がスターダムの中心にいることは間違いない。そして、今日、今ここでこの後のストーリーを花月様が言う。このうちら次の防衛戦、最高の6人タッグにしたいと思ってる。どういう意味かわかるか、お前ら」

 葉月「花月さん、あなたを一番近くで見てきたのはこの私です。あなたの考えてることも、今、言おうとしていることもわかっています。そのアーティストのベルトをかけて、大江戸隊同士で試合をしましょう」

花月「さすが葉月さん。私の近くにいるだけあってよくご存じで。大江戸隊同士の6人タッグ。そう、それを提案しようと思っていた。でもせっかくここで防衛したということは、ここにいるお客様に決めてもらおうか。大江戸隊同士のアーティスト・オブ・スターダムの防衛戦、やってもいいですか?ごめんなさい、聞こえないなあ。やってもいいですか?これが答えだよ、社長いいですか?社長のOKももらいました。ほかに言うことは?ありません。リング上でということで。ということでアンちゃん、夏さん、それでいいですか?」

夏「もっとザコがいい」

花月「もっとザコがいい?」

夏「ザコとやりたい」

花月「まあいいでしょう。よろしくお願いします」

(大江戸隊が握手)

花月「はい、ありがとうございます。じゃあ今日は我々、大江戸隊が締めてもいいですか。アンちゃんの声も聴きたいけど…どうしようかな」

宮城「おーい。大阪のクソ野郎ども。クソ野郎ども。クソ野郎ども。ここで大江戸隊の最高の締め言葉を、てめえらと一緒に今日はやりたい。そんなうちらは最高で、最悪な大江戸隊。バイビー」

試合後コメント

花月「夏さんが取ってくれました。ありがとう」

夏「ちょっともう…思いのたけをぶちまけ過ぎて、言葉全部、濾過されてなくなっちゃいました。リングの上で言った…以上です。私たちは自分の足で自分の選んだ道で会った3人なので、その3人でスターダムでこうやって結果として残せたことは本当によかったと思うし、自分の選んだ選択は正しかったんだなと、今日、本当に証明されたなと思います」

–花月は夏に花を持たせてあげたい気持ちはあった?

花月「そんな偉そうなこと言っていいんですかね。はい、持たせてあげました。ウソです。うちら誰が取っても今回の結果は最高ということに変わりがない。それはこの3人だから作り上げられるものであって。私が決して夏さんに花を持たせた、最後決めさせた、そういう意味ではないです。ああいうタイミングで、たまたまああいうふうな流れになっただけであって、夏さんの手柄じゃないんですかね。うちらあと次、ゴッデスがアンちゃんとあるので、しっかりそこもつなげたいなと思ってます」

宮城「せん…タッグだから。せん…タッグだから」

夏「ためるねえ」

–大江戸隊同士の次の防衛戦は?

花月「順番に一応、言っとく?」

宮城「一番近くで見てきたからこそあいつらの弱点は一番大江戸隊の我らがわかってる。(週刊プロレスの記者に)なんで笑ってんだ、テメエさっきから。 笑ってんじゃねえぞ。次、笑ったらテメエらの首をボーンするからな」

夏「いつもお世話になってます、ありがとうございます」

花月「載せてくれてね。このエディオンもカラーでお願いしますね。4ページぐらい」

夏「やっぱね、アンちゃんが言った通り一番近くで見てきたからこそ、強さを知ってるからやりたくない。だって6年…ちょっとだけ聞いて…私だって6年…」

花月「本当に大江戸隊同士の闘い、あんななごやかな感じで終わりましたけど、たぶんすごいことになるんじゃないですかね。やっぱりさっき2人も言った通り一番近くで見てきたからこそいろいろ手の内を知ってる同士だからね。すごい壮絶な闘いになることは間違いない。ただ、向こうは気にくわないでしょうね。私たち外部からスターダムにやってきた3人が先にベルトを取って。だったら私たちを超えてみせなさいよ。私たちはいつでも受けますよ。以上ですよ」

宮城「なぜならうちらは」

宮城&花月&夏「最高で最悪な大江戸隊」

花月「だからだ」

一覧へ戻る

error: Content is protected !!