2019/08/26 試合結果

2019年8月25日 5★STAR GP 2019(昼)

5★STAR GP 2019(昼)
8月25日(日)大阪・世界館 (観衆265人=札止め)

試合結果

◆3WAYバトル 15分1本勝負

スターライト・キッド

4分49秒
ムーンサルト・プレス→片エビ固め

吏南

※もう一人は妃南

◆クイーンズ・クエストvs大江戸隊  6人タッグマッチ 15分1本勝負

○花月

8分18秒
スリーパーホールド

ビー・プレストリー

夏すみれ

林下詩美

ジェイミー・ヘイター

小野崎玲皇●

◆レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負

渡辺桃<4点>

3分33秒
チキンウイング・フェイスロック

鹿島沙希<2点>

◆レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負

AZM<4点>

5分48秒
あずみ寿司

葉月<2点>

6人タッグマッチ 15分1本勝負

木村花

12分25秒
バズソーキック→片エビ固め

岩谷麻優

○小波

中野たむ

エバリー

飯田沙耶●

◆ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負

アンドラス宮城<2点>

5分47秒
スモールパッケージ・ホールド

ジャングル叫女<0点>

◆ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負

星輝ありさ<2点>

10分14秒
シャイニング・インパクト→片エビ固め

刀羅ナツコ<0点>

試合詳細リポート

◆3WAYバトル 15分1本勝負

スターライト・キッド

4分49秒
ムーンサルト・プレス→片エビ固め

吏南

※もう一人は妃南

昼の部の第一試合はキッドvs吏南vs妃南の3WAYバトル。吏南と妃南はユニットが違うがキッドを攻撃する息はぴったり。キッドを場外に追いやると吏南と妃南の攻防。キッドはセカンドロープに飛び乗り反転してのボディアタックから619、その場飛びのムーンサルトを吏南と妃南に決める。吏南はキッドに払い腰から腕を決めての卍固め。妃南はキッドと吏南にエルボーから大外刈り。ここから丸め込みの応酬。最後はセカンドロープからのムーンサルト・プレスでキッドが吏南から3カウント。

◆クイーンズ・クエストvs大江戸隊  6人タッグマッチ 15分1本勝負

○花月

8分18秒
スリーパーホールド

ビー・プレストリー

夏すみれ

林下詩美

ジェイミー・ヘイター

小野崎玲皇●

第二試合は大江戸隊vsクイーンズ・クエストの6人タッグマッチ。大江戸隊がビーのコールを襲って試合がスタート。場外戦でペースを握る大江戸隊。小野崎がしばらく捕まってしまう。小野崎はエルボーで反撃して詩美にチェンジ。詩美はタックルで夏と花月を倒す。ジェイミーは詩美の腰を狙う。詩美はジェイミーに投げっぱなしジャーマンから一本背負い。詩美とジェイミーはエルボー、ラリアットが相打ち。その後、ビーが花月にバックドロップ。花月はビーにドロップキック。両軍入り乱れる。小野崎は花月にドロップキック、エルボー連発。花月にビーがハイキック、詩美のバックフリップから小野崎が丸め込むもカットされる。大江戸隊が小野崎にトレイン攻撃。最後は花月のスリーパーがガッチリ決まり小野崎がギブアップ。

◆レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負

渡辺桃<4点>

3分33秒
チキンウイング・フェイスロック

鹿島沙希<2点>

第三試合はリーグ戦で鹿島沙希vs渡辺桃。ゴングが鳴らされると鹿島が桃の蹴りをキャッチし抑え込むも2カウント。鹿島の起死回生を桃が潰して抑え込むも決まらない。鹿島は桃の右足を攻めていく。鹿島のダブルアーム式フェイスバスターを着地した桃は蹴り。鹿島はフェイスバスターから右足へダブルニー。キルスイッチは桃がかわしバズソーキックから蒼魔刀。桃のダイビング蒼魔刀が決まるも鹿島が丸め込む。鹿島の起死回生をギリギリで返す桃。桃がカウンターのハイキックからチキンウイング・フェースロックで桃のギブアップ勝ち。

◆レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負

AZM<4点>

5分48秒
あずみ寿司

葉月<2点>

第四試合もリーグ戦でAZMvs葉月。AZMのドロップキックから速い展開に。葉月はスライディングしてAZMの足を引っ張り背中にフットスタンプから顔面ウォッシュ。ボディスラムからセントーンは2カウント。AZMはエルボー連打からドロップキックを放つも、葉月は前蹴りで返す。コーナーに振られたAZMはセカンドロープに飛び乗ってミサイルキック。AZMのミスティカからのアームブリーカーは葉月がエスケープ。AZMがダイビング・フットスタンプ2連発。AZMのミスティカをかわした葉月が葉・月ストラルを狙うもさらにAZMがかわし丸め込んで3カウント。

6人タッグマッチ 15分1本勝負

木村花

12分25秒
バズソーキック→片エビ固め

岩谷麻優

○小波

中野たむ

エバリー

飯田沙耶●

第五試合はSTARSvsTCSの6人タッグマッチ。飯田とエバリーで試合がスタート。飯田はエルボーを連発するもエバリーのエルボー一撃で倒れてしまう。STARSが連携を見せる。TCSが場外戦に持ち込み攻めていく。リングに戻すとTCSも連携を出していく。飯田が捕まってしまう。飯田はドロップキックで反撃してたむにチェンジ。たむはニー、サッカーボールキックをエバリーに放つ。エバリーは岩谷の腕を取ってラリアット。花と小波が入ってくるがたむはダブルのカッター。エバリーにも決める。花は岩谷にビッグビーツ。岩谷はトラースキック。花の腕決めの卍固めはカットに入る。花がエルボー、岩谷はカウンターのトラースキック。飯田に代わると小波に飯田橋もを決めるがカットされてしまう。飯田はエルボー連打からドロップキック3連発。飯田橋は小波がかわし、たむが小波にエルボー、岩谷がトラースキック、たむがハイキック、岩谷とたむがダブルのトラースキックから飯田がミサイルキックは2カウント。飯田橋は小波が肩をあげる。小波はカウンターのハイキック、投げっぱなしジャーマンからのバズソーキックで飯田に勝利。

◆ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負

アンドラス宮城<2点>

5分47秒
スモールパッケージ・ホールド

ジャングル叫女<0点>

セミファイナルはジャングル叫女vsアンドラス宮城の公式リーグ戦。叫女は眼鏡に棒を持っての教師風で登場。アンドラスはツインテールにランドセルを背負って登場。宮城はランドセルを背負って試合をしようとするもレフェリーに注意され外す。ショルダータックル合戦で宮城が場外に。宮城は給食袋で叫女を攻撃。叫女は黒板消しで宮城顔を叩いていく。宮城はランドセルを背負ってリングに。叫女はスライディングラリアットからカバーするも、ランドセルで肩がつかずカウントされない。宮城はDDT。トップロープに叫女を乗せてネックブリーカーは2カウント。宮城はスリーパー。宮城がロープに走ると叫女はパワースラムから走りこんでのスライディングラリアット、ダイビング・ボディープレスは2カウント。宮城はランドセル攻撃があやうくレフェリーに。宮城は袋を叫女にかぶせて丸め込むと3カウント。

◆ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負

星輝ありさ<2点>

10分14秒
シャイニング・インパクト→片エビ固め

刀羅ナツコ<0点>

メインイベントは星輝ありさvs刀羅ナツコの公式リーグ戦。ゴングが鳴るといきなりナツコが星輝にラリアット。そのまま場外戦に。ナツコがイスを投げ、ペットボトルの水をかけていく。リングに戻ると星輝は左足を押さえ動けない。ナツコは逆エビ固めで攻めていく。星輝はドロップキック。ナツコは星輝の右足に蹴りからロープ利用する。星輝はナツコにミドルキック、エルボー連打からロープに走ろうとしたところをナツコは髪の毛をつかみエルボー。ロープに走ったナツコに星輝は胴締めスリーパー。1399をナツコがかわす。星輝はトラースキックからのハイキック。ブラジリアンキックをかわしたナツコはスピアー、カミカゼ。トップロープからフロッグスプラッシュ3連発でも決まらない。ナツコはラリアットからヒップドロップ。ナツコは場外にイスを置き、その上に星輝をボディスラムで叩きつける。リングに戻るとナツコの昇天は2カウント。走りこんできたナツコにニー、バズソーキック。1399を返したナツコがはチョーク攻撃。しかし、星輝はニーを3連発からブラジリアンキック。ファールするもナツコの髪を掴み起こしてシャイニング・インパクト決めると3カウント。

 

試合後マイク

星輝「大阪の皆さん、おはようございます。おはようじゃないな。こんにちは。いやマジで2連敗しててもう無理かなと思っちゃったりもしたんですけど、やっぱり今勝って私はまだまだいけるなと思いましたよ。あの人めちゃ重いな。なんなんだ、ダイエットしろ。でも、やっぱりナツコさん強かったです。でもここからまだ5★STAR始まったばかりなので。もう私、負けれないから。ずっと全勝していきたいと思います。巻き返すぞ。今を信じて、明日に輝け、We Are STARS」

試合後コメント

星輝「2連敗してたので、結構、自分的には思い切り色々やられたのであれだったんですけど、その分、勝てた喜びってのはでかいですね。本当にここからは負けれないので、全部全勝していきます。首の調子もいいですし、ここから巻き返していきたいと思います」

一覧へ戻る

error: Content is protected !!